もはや連載になってきてる、「気になった新聞記事を要約して、感想を書く」という言語のリハビリの課題を、ブログにも転載して書くシリーズ。

7/16は、讀賣新聞読んで、6pの「まるごと大豆」の広告に目がいったよ。

(内容)「豆乳ではありません。おいしい大豆飲料です。」というキャッチコピーだった。紹介されていた商品「まるごと大豆」は、味わいも栄養もしっかりあると。ほんのりした大豆の甘み、深い味わいが特徴だと書かれていた。大豆をまるごと使っていて、食物繊維やタンパク質、大豆イソフラボンといった多彩な栄養素がしっかり入っている。飲みごたえもあって、小腹が空いたときにもぴったりと。無菌むきん充填じゅうてんだから未開封なら常温での保存も可能とのこと。
前盛 感想

とても気になった‥! もともと豆乳すごく好きだから、飲んでみたい。退院したら飲も☺️

好きなグラノーラシリーズも大豆味がでたらしく、食べられる日がめっちゃ楽しみ☺️

 

(以下2021年9月追記)

退院して帰島してから、待ち望んだ大豆グラノーラとか大豆関係の甘いものとか豆乳を摂取しまくっていたら、肌の調子がとても悪くなり、どうやら私は大豆系を摂り過ぎると調子がよろしくないみたいだと気づき、今は控えめに、たまにちょっと楽しむくらいにしているよ。

豆乳を飲む頻度を意識的に減らし始めたら、びっくりするくらいあっさり肌荒れとか収まりました。何事もバランスよくが大事で、好きだからと同じものばかりに偏るのは良くない、ということだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。