もはや連載になってきてる、「気になった新聞記事を要約して、感想を書く」という言語のリハビリの課題を、ブログにも転載して書くシリーズ。

7/16は、讀賣新聞読んで、6pの「まるごと大豆」の広告に目がいったよ。

(内容)「豆乳ではありません。おいしい大豆飲料です。」というキャッチコピーだった。紹介されていた商品「まるごと大豆」は、味わいも栄養もしっかりあると。ほんのりした大豆の甘み、深い味わいが特徴だと書かれていた。大豆をまるごと使っていて、食物繊維やタンパク質、大豆イソフラボンといった多彩な栄養素がしっかり入っている。飲みごたえもあって、小腹が空いたときにもぴったりと。無菌むきん充填じゅうてんだから未開封なら常温での保存も可能とのこと。
前盛 感想

とても気になった‥! もともと豆乳すごく好きだから、飲んでみたい。退院したら飲も☺️

好きなグラノーラシリーズも大豆味がでたらしく、食べられる日がめっちゃ楽しみ☺️

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄県石垣島出身。早稲田大学進学のため上京。地域づくり・教育について現場で学ぼうと、19歳のとき大学を休学して岐阜県白川村に移住。24歳のときに交通事故を経験して、岐阜・東京での入院・リハビリを経て、25歳で地元 石垣島に帰島。26歳現在は島で身体機能・脳機能のリハビリを続けながら、復職を含めた社会復帰真っ最中。 対話・場づくり・福祉・コミュニティ形成などに興味があり、たぶん縁もあります。抹茶と、冷や味噌汁が好き。踊ること、撮ること、書くことも好き。個人の記憶とか感情とか、分かりやすく目に見えないものを、何かしらの表現で未来に残すことのできる行為が、好きなんだと思います。