私ができること・今やっていること・今後やりたいこと

私ができること

① 誰かの心に届けるための言葉や文章表現を考えたり、編集したりするのが好きです。

個人の思いをはじめ、仕事・活動などで伝えたいコンセプト・内容・メッセージを丁寧に聞いて、言葉にして、人の心に届けることなど、頑張ります。( インタビュー取材・執筆 / ご相談頂くテーマに沿った内容でのコラム・文章の執筆 / キャッチコピーの考案・提案 / 発信のコーディネートなど、全般)

あなたが伝えたい思いやコンセプトなどを、読み手や受け取り手にまっすぐ届けられるよう、大切に言葉を選んで文章を作ります。

執筆経験のある分野は「場づくり」「地域」「教育」「福祉」などの領域が多いですが、もっと多様なジャンルに挑戦していきたいので、気軽にご相談頂ければ嬉しいです。紙でもwebでも執筆経験あります。

② 独学ですが、デザインができます。

冊子・パンフレット・ポスター・チラシ・名刺・CD/DVDの盤面・フォトアルバム・ローカルマガジン・チームTシャツ・タオル・商品パッケージなどのデザイン制作、簡単なwebサイト制作、イベント告知用のSNSヘッダー・画像作成など、今まで色々やってきました。

ご依頼下さった方の思いを深く掘り下げて聞いて、一緒に言語化して、アイディアを膨らまして、伝えたいメッセージがしっかりと伝わるような作品を作り上げていく。その工程も好きです。

③ ファシリテーション、勉強中です。講演とかも、頑張ります。

まだまだ未熟ではありますが、色々な場で「対話の場づくり」の経験を積んでいます。初対面の人ばかりの場でも、その場にいる1人1人がはじめから安心して言葉を交わし合えるような空気を作ることを意識しています。

自分がプレゼンターとして話すのも、必要とされれば全力で頑張りますが、1番の目標は「場をつくる人」として必要とされるようになることです。

④ 素人に産毛が生えたような写真・映像を撮ります。

人の表情を撮るのが好きです。家族団欒の場とか、カップルの日常とか、その人の暮らしの場に空気のようにお邪魔して、みんなの自然体の空気や表情を記録できたとき、とても嬉しいです。

必要とされれば、撮影の後もフォトブックの製作とか、節目のタイミングでの記念アルバム・ムービーの作成とか、舞台やイベントのパンフレット・配信用映像の作成とかも、経験あります。

⑤地域、子ども、コミュニケーションなどに関わる場づくり、講座やイベントの企画・運営など、お手伝いしたいです。

今まで、子ども演劇団体の運営や、舞台の自主公演の実施(屋内外 色々な環境での公演主催経験有)ソーシャル大学の運営、アウトドアウエディング・野外マルシェ・自主映画の上映会など、いろいろな場づくりやイベントの企画運営をしてきた経験があります。

ふわっとしたアイディアを道筋立てて企画して、段取りして、準備して、人を集めて、実際に形として実現するまでの、諸々の事務作業とか、仕事の割り振りとか、告知とか、人の調整とか、楽しくやれます。

楽しい学びや幸せな気持ちがたくさん生まれるような場づくり、とっても楽しくやります。お手伝いも全力でするので、何か良い機会があれば、ぜひお声かけお願いします。

⑥ 踊ります。

「八重山舞踊」という沖縄県八重山諸島の郷土芸能を踊れます。(石垣島の光扇会 黒石高子舞踊研究所で10年間師事。)

地元の仲間と活動している「ふぁむれうた 」という琉球芸能ユニットでの舞台出演・振付創作等の依頼も受けています。沖縄をイメージした映像撮影・写真撮影・振付依頼・ライブ出演など、ご相談ください。

過去の出演の様子を貼ります ↓

あとヒップホップ・ロック・ジャズ・フラダンスもちょこっと踊れるので、ダンス未経験の人なども集まって舞台に立つような場面(祝いの席の余興など)で、短時間の練習でも大勢でそれっぽく見せられるような振り作りやダンス指導、フラッシュモブの構成演出など、できます。

田舎に住んでると、行事や冠婚葬祭で地域のみんな(子どもからおじーおばーまで多様なメンバー)で舞台に立つことが多いので、このスキル、意外と需要あるんです・・・(笑)

【2022年2月追記】現在は、2年前に交通事故で怪我した際の後遺症で思うように体が動かせず、自分自身が舞台で踊ることや、振りの創作・指導などはできなくなりましたが、人への着付け・舞台メイク・応援団などはできます。どうぞお気軽にお声かけください。

今やっていること(現在の仕事)

2015年の春に岐阜県白川村の地域おこし協力隊として着任して、2018年3月に任期3年を満了しました。現在は白川村でまちづくりの仕事をしている会社「一般社団法人ホワイエ」で働きながら、個人事業主としても準備中です。

会社では、ソーシャル大学の運営やイベント企画・講座運営、行政と連携した移住コーディネート、地域の事業所のインターン受け入れコーディネート、村の教育施設として使っている合掌家屋を始めとする移住体験住宅等の物件管理、メディアでの情報発信などをしています。

今の私の活動は、地域・教育・舞台などがキーワードになっていますが、世の中が平和になっていくようなゆるい活動は何でも好きです。地域にみんなが挑戦を楽しめるような土壌を作りたいなとか、風通しの良い学びの場を増やしていきたいなとか、思っています。

下記に、今行なっているプロジェクトを載せるので、何か繋がったら面白そうなことなどあれば、ぜひお気楽に連絡ください。

地域での学びの場づくり・対話の場づくり 「ヒト大学」

地域発信の面白い学びの場を作りたくて始めたソーシャル大学。白川村・尾鷲・八重山をキャンパスにした、誰でも学生になれる大学です。地域課題をポップに解決することや、都市部の若者が地域に関わるきっかけを作ること、田舎で思いと才能を持て余してる人の新しい挑戦の場を作ることを目指しています。

シェアハウス「やまごや以上ほしぞら未満」と1棟貸し「だいだいどころ」

地域の暮らしに興味がある方や、自然豊かな場所で創作活動をしたい方に向けて、白川村のお試し移住住宅の運営をしています。「自分らしく生きる」選択肢のひとつとして、この土地の生活を楽しむ人が増えて、多様性の豊かな村になっていくといいなと思っています。気楽にお問い合わせください。

地域リーダー育成講座 「かやっこ劇団」

地域リーダーの育成を目的に、村の小中高生を対象とした白川村の歴史を題材にした舞台づくりをしています。小さな地域にも、子どもたちが心豊かに自由に育つための学びの場の選択肢を増やすこと。多様な出会いを通して広い視野と自分らしく生きる力を身につけることを目指しています。村内外での公演や舞台出演、他団体との文化交流、学生団体の合宿受け入れなどをしています。

村民が主役のフリーペーパー  「そんみんし」

白川村の「ヒトが主役」のローカルマガジンを発行しています。村の暮らしの魅力を伝えるだけでなく、地域で志高く生きているヒトの姿・熱い思いを、地元の若者に伝える翻訳媒体でありたいと思っています。

今日も全開 「やまよの家」

白川村の端っこにある私の自宅。今は住み開きのようなことをしていますが、今後シェアハウス・ゲストハウス・コワーキングスペース・イベントスペースとしてオープンに運営していきたいと思っています。

誰もが自分らしく生きること、ホッとできる場所を増やすこと、多様な生き方・価値観と出会うこと、1人1人の心の許容度が広がること、人と土地の魅力が 温度感のある交流をもってシェアされること、しんどい状況の人が誰でもいつでも使える駆け込み寺的な場所が増えること、などを思い描きながら、この家を活用していきたいと思ってます。運営仲間も募集中!

【2022年 現状追記】生活環境や今の私が生きている世界など、短期間で色々な状況が変わったので、ここで簡単な最新情報書いてます。

☝️白川村での仕事の情報を書いた頃から、今は色々と環境が変わり、現状にだいぶ変化が出てしまっているので、取り急ぎ最新情報に更新してある履歴書データを貼ります。

また時間とって、ちゃんとこのページも書き直しますね。

今は石垣島で復職に向けた訓練として、バイトをいくつかしています。どの職場も、もともと自分が好きだったり興味のあった分野の業務であったり、会社の目指している未来や運営メンバーの人柄に 惹かれています。

復職に向けての本格的な動きを始めたのは今年になってからですが、いざ社会に出て働き始めてみたら やっぱり難しくなっていることが沢山あり、今の自分(脳機能面も身体機能面も)について、改めてきちんと自覚・理解したり、障害とうまく付き合いながらも明るく課題を乗り越えていく習慣を身につける、今後の人生において大切な時間を過ごしているなと感じています。

いま働かせてもらってる3つの事業所さんを紹介します。どこも、社長たち中心メンバーの思いや人柄が、とても素敵です。仕事を通して出会える、受傷後の私しか知らない人たちと築いていく新たな人間関係というのは、本当に社会復帰の足跡だなと感じています。これからも前向きに、目の前のひとつひとつの課題を乗り越えながら、歩んでいきたいです。

・野底にあるパン屋さん「ISHIGAKI LABO

 

この投稿をInstagramで見る

 

ISHIGAKI LABO(@ishigaki_labo)がシェアした投稿

・大浜にある学童「虹の和学童クラブ」

子どもたちと過ごす時間や、食品製造・販売の現場では、聴覚情報が多い中で複数の人と間違いのないように迅速なコミュニケーションをとる必要があったり、いろんな内容を記憶しながら複数の作業を同時進行しなければいけないので、困難を感じる場面はまだまだ多かったり、

学童でもパン作りの現場でも、頭の回転力や適応力、筋力・体力的な受傷前との違いを改めて実感するような出来事は、日常的に発生しています。脳のキャパ的な問題だと思いますが、心の余裕がなくなってしまって目の前の相手と丁寧なコミュニケーションを取ることができず、自分で自分に落ち込んでしまうシーンもまだまだ多いです。

以前までの私は知らなかったような初めましてのストレスを感じてしまう場面もたっくさんありますが、焦らず1歩ずつ、挑戦を恐れず、これからも進んで行けたらと思っています。

では、最後の職場紹介いきます。

・ web制作、イベント企画、場の運営・コーディネート、編集、デザイン、PR、撮影など色々やってる、「合同会社empty

#ポーズのテーマは新年 #虎年ガオー #1年の幸せ祈る船長 #足上げちゃいがちな社長たち

emptyでは、受傷前の私がやっていたような仕事内容(対面でもオンラインでも 色んな人とやりとりしながら、ひとつの場づくりやものづくりやコミュニティの運営や色んな企画ごとのコーディネートをしたりする)ととても近い環境で、今の私にできそうなことから仕事に混ぜて頂ける、ありえんくらい恵まれた、温かすぎる環境に声をかけて頂けたと、いつも思っています。

ちかね、あきとさんへ、圧倒的感謝。

(現役大学生メンバーへ、インターンの受け入れも年中してるってよ。)

2022年5月にリニューアルオープンした、日本最南端のイベント&コワーキングスペース「チャレンジ石垣島」のこと

なんだか、石垣でも楽しい場が動き出しているよ。

石垣島最大規模のコワーキングスペース「チャレンジ」 5月26日(木)オープン | 面白法人カヤック

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chika Iwakura Hashizume(@chika8c)がシェアした投稿

島のいい感じの場づくりに、いつも噛んでるempty。

チャレンジでは月に一度、誰でも気軽に中のスペースを利用できる無料開放デーがあったり(普段はコワーキングスペースは会員さんしか使えない)、定期的にオープンなマルシェイベントがあったり、楽しいゲストを迎えての単発イベントも開かれてたりするので、興味ある人がいたら、まずは一度ぜひ気軽に行ってみてね。(チャレンジ今どんな感じなってるのか気になってるけど、なかなかいく機会ないさ〜って人とか、お気軽に声かけてくださいな🐥)

最後に、今後の目標も少し。

今の目標は、自分が長く幸せに続けていけそうな生き方・働き方を、見つけていくことです。

楽しいとか嬉しいとかを日々感じられる 環境で仕事をするとか、大切な人とゆっくりコミュニケーションを取り合える余裕のある生活をするとか、そういう小さな「向かいたい未来」を1つ1つ実現しながら、生きていたいと思います。

日々の小さな目標とかは、これからも目の前の状況によって移り変わっていくのだと思いますが、

なるべくいつも、自分が大切にしたいひとやことに心を込めて向き合うことを大切に、

自分が気持ちいいなと感じる生き方を、大事に続けていけたらなと思っています。

「退化とは、新しいことを拒否してしまうこと。進化とは、未知のものに挑戦する姿勢を持ち続けること」だと思っているので、まずは食わず嫌いせず何でも食べてみます。楽しいお誘い待ってます!