住み開きをしていて気づくこと。

逗子で仲良くなったmiliとeliavが、しばらくの間うちに遊びに来ていました。

仕事のこと、音楽のこと、映画のこと、暮らしのこと、イスラエルのこと、日本のこと、沖縄のこと、言葉のこと、文化のこと、衣食住のこと、色んな話をしました。

貴重な日々をありがとう。

「白川に沢山の友達ができたから、また帰って来るね」と。

会ってほしい人も見せたい景色もまだまだ沢山だから、また来てね。

イスラエル料理がとても美味しかった。短い期間でも一緒に暮らした人が去るのは寂しいね。

Toda laba !

最近だんだん、いえが人が交わる場になってきていて面白い。

東京にいる時よりも、小白川に住んでからの方が、会いたい友達たちに会えるようになった。

色んな人たちが忙しい中で何度も遊びに来てくれるようになった。

場所の不便さはあんまり関係ないんだね。

窓とドアを全開で出かけた日に雨が降ったら、帰って来る頃には全部きれいに閉まっていたり、干しといた布団が取り込まれていたり、毎朝のように採れたて野菜が玄関やウッドデッキに置かれていたり、

知らないうちに冷蔵庫の中に刺身や鹿肉が入っていたり、干しておいたテントの中に手作りパンと手作りジャムが置かれていたり、強風で飛んでいって行方不明だった長靴が 花が生けられた状態で玄関に戻って来ていたり・・

住み開きを初めてから、温かい出来事が沢山あります。多くの人に気にかけてもらって、暮らしているんだなと感じます。

なかなかありがとうの気持ちを返しきれませんが、その分うちに来てくれる人たちに、心をこめて白川村の暮らしを伝えようと思います。

歳を重ねた人から受ける愛はとても尊い。多くを喋らないのに、大きな愛を伝えてきてくれる人に会うと、ああ自分は言葉に頼りすぎだなあと思います。

今まで沢山もらった愛情を、次の世代に繋げることだけでも、まんだまんだ経験と学びが足りない。

子どもたちに伝えようとするたびに思うけど、じっちゃんばっちゃんたちと私とでは、伝えられる大きさも言葉の厚みも全然違う。

改めて、長く生きてきた人が積み重ねてきた経験や時間の重みはすごいなあと感じます。

6月、また沖縄ナイトしようと思うので、皆さんぜひ来てください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。