リハビリ病院には、一般的なお医者さんや看護師さん以外に、リハビリの専門家、理学療法士(PT)さん、作業療法士(OT)さん、言語聴覚士(ST)さんがいて、みんな尊敬してるんだけど、特にSTの職に就く人を私は心から尊敬してるし、好きなんだと気づいた。

コミュニケーションのプロだもんね。言葉のプロはやっぱりすごい。伝える力がすごくあるし、これは関係性あるのかどうか分からんけど、なぜか とても人に対して真摯な方が多いように感じる。


(以下、リンク先から引用)

言語聴覚士はST(Speech-Language-Hearing Therapist)とも呼ばれ、言語聴覚士法によると、以下のように定義されています。

音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、その他の援助を行うことを業とする者。

出典:言語聴覚士法 第二条 更新

言語聴覚士は、主に言語障害・音声障害・嚥下障害に対しての専門家です。言語障害は、上手く発話できない、声が出しにくいといった障害から、話が理解できないなど、声を出すことだけでなく、コミュニケーション全体としての障害を指します。

音声障害は、声が出しにくいことを指し、嚥下障害は、食べる・飲み込むといった機能の障害を指します。こういった問題に対して、声が出しにくい、言語が理解できない、食べ物を飲み込めないなどの原因を検査や評価を通して明らかにし、発声の練習・指導・飲み込みに適した姿勢やポジショニングの指導、食事形態の助言などを行います。

歩くといった基本的な動きや料理をする、買い物へ行くなどの作業も大事ですが、会話などのコミュニケーション手段、生きるために必要な食べる機能ももちろん大事です。話す・聞く・食べるといった機能も関節や筋肉に触れるため、体の専門家であるリハビリテーション職のかかわれる部分です。

理学療法士、作業療法士のように、基本的な動きや作業にもかかわりますが、特に言語、音声、嚥下障害に対して強くかかわることのできるのが言語聴覚士というわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。