「気づかなくても世界は美しいし、仲間は大好きだし、人生は素晴らしい。」

いつも、色々なことを考えるきっかけを頂くたけしさんの投稿を、自分のための備忘録に。

学生の皆様や若い人々と話してておもうのは、「自分のやりたいことを探しすぎじゃないか?」とおもうこと。もっと言えば使命や天命みたいなものを見つけたい欲が強いなあと。僕自身、たぶんこれだなあと気づいたのは46のときでもしかしたらそれもまた変…

但馬 武さんの投稿 2018年12月7日金曜日


(以下、転載内容)

学生の皆様や若い人々と話してておもうのは、「自分のやりたいことを探しすぎじゃないか?」とおもうこと。もっと言えば使命や天命みたいなものを見つけたい欲が強いなあと。

僕自身、たぶんこれだなあと気づいたのは46のときでもしかしたらそれもまた変わるかもしれん。30代のときは「パタゴニアで環境問題を解決するんだ!」って思ってたけど、それも使命じゃあなかった。

孔子だって、「五十而知天命 50にして真の天命を知る」っていっている。実際にそこまでかかるとおもうのよね。わかるのに。

それでおもうのは、女性が生理が始まるのは13歳とかだけど、実際にその歳での出産はむかないわけで。出産適齢期まで成長する必要がある。

天命や使命に基づいた生き方は、そりゃあ10代でもできるけど、やっぱり仕事のスキルや知恵や経験が足りなくてつかれちゃうとおもう。

多くのソーシャル・アントレプレナーが途中で燃え尽きちゃう事象をみていると、色々な要因はあるけど、使命に沿った生き方をするには必要な要素があるんだろうなあと。50歳である必要はないけど、そこまでの間でたくさんの経験をしてレジリエンスを高められるようになるってイメージ。

使命や天命は願って毎日を丁寧に生きていけば、いつか気づけるのだとおもう。

もっといえば、気づかなくても世界は美しいし、仲間は大好きだし、人生は素晴らしい。それはそれでいいわけで。自戒をこめてメモ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄県石垣島出身。早稲田大学進学のため上京後、地域づくりについて現場で学ぼうと、19歳のとき大学を休学して岐阜県白川村に移住。24歳のときに交通事故を経験して、岐阜・東京での入院生活を経て 25歳で地元 石垣島に帰島。26歳現在は島で身体機能・脳機能のリハビリを続けながら、復職を含めた社会復帰真っ最中。 対話・場づくり・教育・福祉・コミュニティ形成などに興味があり、たぶん縁もあります。抹茶とお味噌汁が好き。踊ること、撮ること、書くことも好き。変化していくものを、何かしらの表現で未来に繋ぐことのできる行為が、好きなんだと思います。