入院中の今だからこそ、より意味を持つと思ってスタートを切った 現在進行中の自主企画プロジェクト、私が入院している東京の赤羽リハビリテーション病院スタッフさんへのインタビュー記事連載ですが、色々な方にサポートして頂いて実現できているこの企画も、残すところ2人のスタッフさんへの取材&執筆となりました。

ちなみに、この連載の vol.1〜vol.6の記事はこちら▽

「人のために生きる。」作業療法士(OT)として日々奮闘中のMさん。

2020.7.23.

「自分は駄目だ」の思いから始まったからこそ、患者さんにも後輩にも同じ目線で寄り添うことを大事にする。言語聴覚士(ST)としての使命を全うしながら、日々己と向き合い続けるIさん。

2020.8.1.

「素直に生きる」ことの大切さを体現し、医療現場で心を込めて人に向かい合う、看護師のSさん。

2020.8.2.

「学びは一生続くものだから。」看護師として日々 進化し続けるNさん。

2020.8.6.

「大袈裟なのが嫌い。だからこそ、深刻な状況を十分理解してサポートしつつ、そういうときにもその場所で笑っていられる存在で在りたい。」自然な明るさと常に前向きな姿勢が魅力のYさん。

2020.8.15.

「お世話になった方には伝えられなかった想いを、世の中に還していこう」と思ったのが原点。ケアワーカーPさんの生き方。

2020.8.19.

△こんな感じで、一応ざっくりのスケジュールは決まっていて、これから次の取材対象者の方との日程決めをする段階です。

最後まで走り切れるように頑張ります💪どうぞ見守っていてください🙇‍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。