今日も主任のH先生と話したことを。

私が「言葉を扱える人間に生まれることができてよかったと、とても思っているよ」的なことを言ったら、H先生が「確かにそう感じるよね。でも、もしかしたら動物側の視点から人間を見たら、『何をそんなに難儀な能力をつけて・・・』とか思ってるかもしれないよね。」と。

なるほど。

確かに、そうかもしれんね。

でも私はやっぱり、話をした後にもゆっくりといろいろ考えてみたけど、言葉を扱える人間として生を受けることができて、とっても幸せだと感じているよ。

そういや他のリハビリの先生たちともよく「生まれ変わることができるなら どんな生き物がいい?」という話をするなぁ。

圧倒的に、人間が見ることのできない世界を知っている海の中の生き物か、空を飛ぶ生き物が多い。

皆さんは?

たかしさん、撮る写真もめっちゃ素敵だけど、綴る言葉もこんなに素敵だとは・・・!!前にたかしさんにインタビューさせて頂いたときの記事、まだ仕上げられてなかったから、音源だけでも なんとか復活して欲しいのです🙏

「どんな時も自然のリズムのままに、寛大な気持ちで前に進んでいけたら」

激しく同感です。

病室に差し込む陽の光があったかくて気持ちよかった。

今日もかやっこTシャツ。元気出るのです。えみさん、素敵な絵を、心からありがとうございました!!

今日のリハビリでK先生が寄らせてくれた公園。陽の光を浴びれる日は元気がでます。ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものなのか学ぶべく、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。2020年に交通事故と入院生活を経て、帰島。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。実体験を伴わない、頭でっかちな言動をとらないように、という自戒も込めて。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが今の目標。)ヒトを含む動物が好き。食べるのが極端に遅いですが、食べることは大好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ミレービスケット。