いつも駆けつけてくれる地元の仲間たちに、助けられています。ありがとう。

Facebookちゃんとやる期 と 存在さえ忘れてる期…

木内 海美さんの投稿 2016年12月8日木曜日

白川村に来て、子ども劇団を立ち上げて活動を始めて1年になりました。何度も何度も、こうやって沖縄の仲間が応援に駆けつけてくれています。

現代版組踊を卒業したOBの多くが、あの経験を今もずっと人生の軸にして頑張り続けているように思います。

子ども時代の地元での魂揺さぶられた時間や、信頼できる大人から学んだ言葉というのは、何年経ってもぶれない道標になるもんです。

私たちの原点がアカハチという舞台であったように、白川村の子どもたちが、舞台を通して、大切な心の根っこをこの地で伸ばしてくれるといいなと思います。

あみ姉、大星、今まで何度も応援に来てくれた、こうき兄、ひかる、あかり、愛姉、りゅうへい、みーふぁいゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島生まれ。大学進学のため上京後、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。様々な場づくりを通して、地域やコミュニティについて学んだ5年間。 (実務は、ソーシャル大学・こども劇団・コミュニティスペースの運営、地域の観光用SNS運用、村内向けローカルマガジンの発行、地域内外でのイベント企画・開催、村役場・農家さん・民宿・飲食店・学童・社協などの業務お手伝い、移住定住支援事業サポートなど) 2020年、交通事故、入院生活を経て帰島。脳の障害や軽度の身体障害が残り、色々なことがうまくできなくなり、1から再挑戦・再獲得の日々。脳がうまく働かなくなった今だから初めて気づけること、学べた価値観を大切に、これからも前向きに生きていきたいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。ヒトを含む動物が好き。肩の力を抜いていこ〜☺️