【映像あり】今の私の相棒、電動3輪車のご紹介。静かで涼しくて、島の匂いや音を感じながら移動できる乗りもの。人間らしいスピードで、いろんな命に優しい、新たな移動の提案になるかも💡

まずはこちらの写真や動画たちを見てみてくだせ👇

(テキストはこのあと転載してます)

 

この投稿をInstagramで見る

 

前盛 よもぎ(@yomo_mebure)がシェアした投稿

車体の説明など

(ここからSNS投稿文の転載です)

最近私がお世話になってる電動三輪車のこと、既にどこかでたまたま会ったりして面白がってくれた人たちには話してきましたが、見かけたー!気になってたどー!という方や、写真見てなんだこれと興味もってくれる島内外の方々へ、ご紹介させてください。

私が乗っている三輪車は、EVトゥクトゥクという、ガソリンを使わない、完全電動(自宅の家庭用コンセントから充電しているよ)の、要普通免許の自動車です。

今の私は、脳の障害の影響で 物との距離感を掴むのが苦手だったり、身体機能的にも瞬発力が低くなってたり、状況次第で臨機応変に適切な判断をするというのが苦手なので、運転復帰はまだまだ先のことになるだろうと思っていました。

退院して島に帰ってきてから今までは、バイトや人との予定に出かけるときは、どこにでもバスを乗りこなしながら(私の家は島の中でも不便な端っこのほうにあり、乗る距離が長く 乗る頻度もかなり高いので、障害者手帳に助けられてます🙏)てくてく歩いて行っていて、それが体のリハビリとしてもいいことだなと感じていましたが、

最近は島の夏が本気でやってきて、どこのバイト先でも、職場に着く頃には疲れ果てている、みたいな状態が続いてしまい、この乗り物をお試しで1ヶ月レンタルさせてもらうことにしました。

(無事にスムーズに活用していけるようであれば、もっと長い期間のレンタルや購入も考えています)

乗ってみて思うのは、このEVトゥクトゥク、走行中の音がとても静かで、石垣では鳥の声や波の音が 歩いているときのように聞こえてくるし、海風や畑の土の匂い、植物の匂いも濃く感じられて(歩いてたときは、暑くて疲れ切っちゃって、そんな自然の匂いを楽しむ余裕とかなかった)、とても気持ちいい乗り物だなというのが、素直な感想です。

コンパクトな車体なので、自分のサイズ感や車外のいろんなものとの距離感も認識しやすく、屋根あり・背もたれあり(私は事故後からすごく首が疲れやすくて不安定なので、背もたれあるのはとても助かる)・左右は壁なしなので、本当に車とバイクの間くらいの乗り心地で、駐車場所とかに困ったこともありません。

最高速度40キロで、ノーヘルで大丈夫なので、あっつい島でも安全に心地よく移動ができます。

今は、他の車ともあまり出会わないような静かな野底の道や、白保ののどかな集落内でしか、運転したことがないですが、今後もう少し色んなことに注意を向けられるようになってきたら、少しずつ行動範囲を広げていこうと思っているので、皆様もしどこかの道で見かけた際には、どうぞ胸の内で静かな声援を、よろしくお願いします🙇

‍(急に大きな音量で声をかけてもらったりすると、自分でもわざとかよて突っ込みたいくらい、大袈裟にびっくりしてしまうので、特に運転中は集中していて危なっかしいと思うので、そっと見守って頂けるとありがたいです🙏)

1枚目の白の車体はトライアルで体験したときのものですが、今日常的に乗っているのは青の車体の方です。父の軽トラとお揃いカラーになりました☺️

写真や動画は、三輪車のスピードとか雰囲気が伝わるものとか、あとは地域の人が家まで見にきてくれてる様子とか、お世話になってる人たちに後ろに乗ってもらって私の運転で一緒にドライブしたりしてる様子です。(私が運転復帰した夜は、前向きな運転復帰を祝して、家族で乾杯しちゃいました🍻)

これからも、安全運転で、焦らず自分のペースで、事故後からやめていたことや、今までの自分が積み重ねてきていたことに、もう一度ゼロから、肩の力を入れ過ぎず、挑戦していけたらと思ってます🛺

レンタルについての詳細やお問い合わせはこちらから

【2022年8月追記】実際に島でこの車両が走ってる景色、こんな感じ

試しにこないだ、うちの近所でドライブしてる様子を撮影してみました。まだ実際に見たことない人も、島でこの車両が走ってる風景とかを、イメージしやすくなるといいな

この3輪車に乗り始めて、よく考えるようになったこと

ガソリンじゃなく電気で走るというのは、いま人間が排気ガスとかで地球の自然環境や他の生き物たちにかけている負荷も 大きく変わってくるだろうし、あとは単純に、メカメカした金属に覆われた車が沢山走ってる島の景色よりも、みんながこんな身軽な乗り物で動き回ってる島の未来を 見てみたいな、なんてことを、個人的には思っています。

私は、子どもの頃から(今でも)乗りものはなんでもすぐ酔っちゃうし、運転下手だし、なかなか楽しい気持ちで乗りものについて考える機会はありませんでしたが、

「モビリティについて考える」ってのは、気持ちいい未来のつくり方を考えることと、イコールだったんだなと、

この乗りものを通して、初めて未来の移動方法とかを、楽しく想像するようになりました。

いま私は島で毎日これに乗って暮らしているので、何かまた気づきとかがあれば、書いていきますね。

いや、モビリティってなんやねん、ていう 私みたいな人へ

英語の「mobility」のことで、「動きやすさ」、「可動性」、「移動性」、「流動性」などを意味し、職業の移動や階層の移動、または乗り物など人の移動に関する用語として使用されています。 自動車メーカーをはじめ、関連する企業を含めた自動車業界のことをモビリティ分野といいます。


↓はじめのInstagram埋め込みで画像や動画がうまく表示されなかった人は、こっちのFacebook埋め込みからなら見れるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものかを学ぶべく、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。2020年に交通事故と入院生活を経て、帰島。現在は社会復帰と復職の真っ最中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。実体験を伴わない、頭でっかちな言動をとらないように、という自戒も込めて。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。食べるのが極端に遅い。けど食べることは大好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。 かっこ悪いとこも、余裕のなさも心の波も、何も隠せなくなったので、これからはもっと人間臭く、生きていこう。