今日リハビリの時間、歳の近いS先生とお互いに地元での恋愛の思い出話をした。

なっつかしくなりながら、ちゃんと目一杯青春しといてよかったな、と思った。久しぶりの若者らしいトークで楽しかったし、「よもぎちゃん、なんか既に悟ってるね」っていつも言われがちだから、気持ち若返れてよかった。

この先いつか、回復して沖縄で温かい家庭を築けたらいいな。

瑛人の「香水」って曲、リハビリの休憩時間中の廊下を往復するとき、洗濯しにエレベーター乗って上の階まで何度も往復する時も、ずっと聞いてるから、なんか入院中の曲ってイメージつきそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものかを学ぶべく、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。2020年に交通事故と入院生活を経て、帰島。現在は社会復帰と復職の真っ最中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。実体験を伴わない、頭でっかちな言動をとらないように、という自戒も込めて。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。食べるのが極端に遅い。けど食べることは大好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。 かっこ悪いとこも、余裕のなさも心の波も、何も隠せなくなったので、これからはもっと人間臭く、生きていこう。