島も村も東京も、何かが有る分、何かが無いだけ。今日は旧盆。

海のない、山脈の間の谷の村。

ここでは、朝焼け夕焼けや広い水辺を毎日は見れない。

たまに出会えた時に、最高のご褒美な感じがある。

気持ちがゆるんで、安心する。

今まで当たり前だった蒼い水や緋い空が

嬉しくてありがたく思える暮らしも、いいもんだよ。

人間のスピードで自然に身を置く時間があるから立ち会える一瞬の美しさ。

見失わずに、今を感じて生きていたいと思う。

島も村も東京も、何かが有る分、何かが無いだけ。

住めば都、いつの間にか大切なもの、大好きな人が沢山できました。

旧盆は島には帰れませんが、また12月に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものなのか学ぶべく、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。2020年に交通事故と入院生活を経て、帰島。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。実体験を伴わない、頭でっかちな言動をとらないように、という自戒も込めて。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが今の目標。)ヒトを含む動物が好き。食べるのが極端に遅いですが、食べることは大好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ミレービスケット。