今日のリハビリはもう終わったので、この病院に入院してリハビリできる生活も、残すところ丸5日となりました。

今日、PT・OTさんたちと行った野外散歩で撮った写真たちを載せたくて、記事更新するね。

今日の東京は気持ちの良い晴れでした。

木漏れ日が今日も綺麗で、緑のいい匂いがして、深く深呼吸ができて、きもちよかったよ。

退院前で人との別れが続いて感傷的になってるからか、木漏れ日の美しさや温かさが心に響きすぎて。リハビリで野外散歩できる日は、たくさん撮っちゃうんだ。

白川の第二の母が、犬の散歩の時間に見えた景色を送ってくれたよ🙏

陽が陰り始めたこういう時間が運んでくる、ほのかな切なさや暖かさというのが、今でも ずっと大好きなのです。なんかしみじみと、地球の動物として生を受けることができたことに、感謝したくなる。来世も、人間として生まれて、沖縄で育って、今と同じような環境で生きていたいと、なんかふと こういう瞬間に思うのです。

光の差しかたが、綺麗だよね。

ありがとうございました・・・😢 大事に着るね。「幸せは自分で決めよう」ね。いつか、石垣島きてね。再会できますように。

きっと着るたびに、暖かい笑顔を思い出して切なくなるね。

ありがとう。これに尽きます。

「無理しない」が大事だということが、今回の1件でよく分かるようになったよ。

あと今日のPTさんとのリハビリ中に、側の道で交通事故があって、びっくりしたよ。

誰も怪我はなかったみたいだけど、事故とかは本当に突然起こるものだから、「人生のゴールはいつ来るか分からない」と実感する、いい機会になりました。

皆さん幸せな夜を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島生まれ。大学進学のため上京後、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。様々な場づくりを通して、地域やコミュニティについて学んだ5年間。 (実務は、ソーシャル大学・こども劇団・コミュニティスペースの運営、地域の観光用SNS運用、村内向けローカルマガジンの発行、地域内外でのイベント企画・開催、村役場・農家さん・民宿・飲食店・学童・社協などの業務お手伝い、移住定住支援事業サポートなど) 2020年、交通事故、入院生活を経て帰島。脳の障害や軽度の身体障害が残り、色々なことがうまくできなくなり、1から再挑戦・再獲得の日々。脳がうまく働かなくなった今だから初めて気づけること、学べた価値観を大切に、これからも前向きに生きていきたいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。ヒトを含む動物が好き。肩の力を抜いていこ〜☺️