入院生活では、お医者さんや看護師さん・リハビリスタッフさんなどの医療従事者の方々、ソーシャルワーカーさん・ケアワーカーさんなどの福祉職の方々と、強制的に関わる場が設けられていて、患者個人の好き嫌いで選べる人間関係の余白というのは、皆無です。

事故前は、環境を自分で選べたので、そもそも苦手な方とは出会わないような、自分好みのフィルターがかかった居心地のいい世界で生かしてもらっていたことに気付きますね。

病院は、もしも自分に合わない人間関係が生まれても、絶対に逃げられない環境です。近くの方々に相談はさせてもらっていても、「もしも関わりを減らすことができる方法があったとして、何かしらの方法でサインを伝えるにしても、その方を傷付けてしまうことは絶対にあってはいけない」と色んな配慮すべき点が発生する分、日常的なストレスがすんごいかかります。

いま絶賛、日常的にそのストレスが溜まってます。入院生活、あと1カ月以上も耐えられる気がしないのが本音です‥‥😢

嗅覚・聴覚が繊細だと、それだけでも、リハビリ病院はストレスがすごくかかります。先日新しく入院してきた同室のおばちゃんが、日常的にすごくネガティヴ発言が多かったり、自分でナースコールを押さなくてもおばちゃんがベッド上で派手に動いたら自動でコール鳴る仕組みみたいなんですが、毎回不安気に「どうして勝手に鳴るの?」と聞いていて😢 その物音とか香りに起こされて、夜もなかなか眠れなかったりします。「生きづらさ」とは、みんな何かに過敏過ぎることで生まれるのかもしれないですね。

錯乱しちゃわないか自信は皆無ですが、もう少しだけ頑張らなきゃですね。

アイキャッチは、いつも親しくしてくださるケアワーカーの主任さんが、またもや私を甘やかしてプレゼントしてくれたお菓子の写真です😢♡ お酒のつまみは甘やかすとは違うかな?😂


(以下、追記)

アイキャッチのお菓子をくれたケアワーカーさんに「病院は、自分に合わない人間関係からも絶対に逃げられない環境だから、日々 心が擦り減るんだね。」と話していたら「それはしんどいけど、若い証拠でもあるんだよ。歳重ねたら、だんだん 誰とでも付き合えるようになる、というか、他人のことはどうでもよくなってくるから、大丈夫大丈夫!」と言われた。そうなれるまで生きれるように、今は心の修行を重ねよう。

朝からマイナス発言でこめんなさい。これ見て癒されてください🙇‍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。