さっきリハビリ入ってくれてたS先生が言ってた言葉に、とても共感した。

その先生は年齢が若いので、患者さんの方が歳上で、自分よりも経験を沢山積んでこられた先輩であることが、よくある、と。

でも、最初は舐められてても、時間をかけて誠実に向き合っていれば、必ず伝わった実感があると。

心を込めて、丁寧に誠実に伝えれば、必ず相手もそのように返してくれると。

ほんとそうだなって、今ならより深ーく分かるよ。

私も、そんな人間でありたいんだ。

アイキャッチは、もうすぐ退院しちゃう仲良しの患者さん(優しくて照れ屋なイケキザおじちゃん。いつも2人の間で決まったポーズでサインを出し合うのが挨拶代わりだった☺️)がお別れの置き土産にくれた落花生。(可愛い靴下もくれたよ。)

いつも「沖縄帰ってもハブに噛まれんなよ!」って言ってくれてたのが聞けなくなるの寂しいな😢

いつか島に遊びにきてね!また会おうね!どうかどうか元気でね!!


(追記)

イブニングリハ(夕食後のリハビリ)終わって、思ったことをつらつらと。

今日のイブニングは初めての先生が入ってくれて、今年の春に入社したばかりの若い先生だったんだけど、その先生の同期の、私のリハビリにも日頃から入ってくれてる先生のことを、悪く言うというか、自分への自信が あまり良くない形になって溢れ出ちゃってる感じがして、正直悲しい気持ちになった。

あと、私も人に意見できる立場じゃないのは十分理解してるけど、患者さんに対してもタメ口で言葉遣い丁寧じゃないのは、多分よくないよって思った。今の私は なかなか敬語もスラスラ出てこない状態になってるけど、そんな私でさえも、いい感じしなかったよ。

あと、初対面なんだからせめて自己紹介するくらいの時間はつくろう?(イブニングリハは、患者側が事前に確認できる掲示板の紙には、その日のイブニングを担当してくれるリハビリスタッフ2人の名前は書いてあって私たちも見れるけど、その2人のうち どちらが自分の担当になるかは、始まるまで分からない、という謎システムなのです。新しく入るスタッフさんなら、その点を配慮して最初に自己紹介してくれないと、大変不親切と思ってしまうよ。)

丁寧な真摯な人は、不器用であっても伝わるよ。逆に、表面上のコミュニケーションだけ上手くても、相手の心に思いやりの気持ちを込めて向き合えない人は、それも伝わっちゃうんだよ。ぜひこれから、この病院にいる、精神的に成熟している沢山の先輩たちからいっぱい学んで、大きくなってね。

やっぱり私はコミュニケーションが丁寧な人が好き。と改めて思った。

2020.7.7.

最後は、優しい元気を与えてくれる友人の笑顔を 皆さまにも。

(後日追記)なぜかスマホだと見れなくて、パソコン表示じゃないとうまく埋め込み表示されてないみたい。

前に、よもちゃんが撮ってくれた写真。
他にも沢山撮ってくれたんだけど、どれもめっちゃ笑ってる写真ばっかでお気に入りなんだー😊✨すごく素敵に撮ってくれて、ありがとね、よもちゃん❣️

石川 桜さんの投稿 2020年7月16日木曜日

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。