かやっこ劇団の旗揚げ公演から、はや、1年半が経ちました。

ずっと昔のことのようにも感じるし、ついこの間のことのようにも感じます。
 

主役の5人を含め、この時舞台に立ったメンバーは、全員小学生。(客演の大人チームを除き。)

 

とても荒削りな舞台だったけれど、短い時間でよくここまでやれたなと、本当に思います。

いま映像見ても、子どもたち1人1人が愛おしくて、成長する姿に感動し、関わってくれた沢山の人への感謝の気持ちが溢れて、涙腺ゆるゆるになってしまいます。 

無謀なリクエストに答えて脚本・演出を引き受けてくれて、心を込めて白川村の人々に向き合ってくれた海斗をはじめ、友情出演してくれた大河・賢二、しらみず太鼓の方々、バンドチームの方々、共演してくれた子ども太鼓の子たち、大きな愛をもって最高の音と光で演出してくれたオーバーレコードの方々、きっと不安も沢山あったと思うのに最初から最後まで私たちを信じて任せてくれた、全力で支えてくれた保護者の方々、応援に駆けつけてくれた地域の方々、衣装や道具作りを手伝ってくれた方、寒い中当日わざわざ会場に足を運んでくれた沢山の方々、いつもいつも稽古で差し入れを下さった方々、色んな機材や衣装を温かく提供してくださった方々、協賛という形で応援の気持ちを伝えてくださった方々、立ち上げの頃から遠く石垣島から応援してくれて何かと助けてくれた仲間たち、下村さん、福島の皆さん、1番近くで子どもたちに向き合ってくれた滉生兄、沢山の人に、お礼を言っても言い切れません。

 
小さくても、自分たちで1から舞台を作ることの楽しさ、幸せを、久しぶりに実感した公演でした。
 
「よもぎちゃん、次の公演いつやるの?またやろうよ。」という子どもたちの言葉を聞くたび、
 
「次のかやっこの舞台はいつや?」とお声がけくださる地域の方々と話すたび、
 
そろそろ、そろそろ、気合い入れねば!と思ってきています。
 
初回公演の時は、やりきれなかったこと、気が回らなかったこと、至らなかったこと、きちんとお礼を伝えられずに終わってしまったこと、後悔、沢山あります。
 
次やったら、きっともっとレベルアップした舞台ができるな、と思ってます。新たにやりたいことも、たっっっっくさん、あります。
 
少しづつ準備していくので、皆さま、しばしお待ちを。
 

最後に、風ちゃん、貴重な映像を残してくれて、ありがとう。

いい映像だなあと思って、私編集作業しながら、ずっと泣いました。

かやっこ劇団「帰り雲の詩」公演 3月10日に決定!

2018.1.30.

雲はまた、やってくる。かやっこ劇団の旗揚げ公演が終わりました。

2018.3.15.

かやっこ1期生、卒業生の高校生2人が遊びに来てくれたよ。

2018.8.22.

かやっこ、自主公演に向けての稽古の様子

2017.12.4.

かやっこ劇団どぶろく祭り出演日程

2017.9.22.

かやっこ劇団のちびーず夏季体験ワークショップが終わりました。

2017.9.4.

かやっこ夏季体験講座、ちびーずも頑張っています!

2017.8.9.

早く行きたければ、ひとりでいけ。遠くまで行きたければ、みんなで行け。 白川郷ヒト大学と、かやっこ劇団で、運営に携わってくれる仲間を募集しています。

2017.5.11.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとは何なのか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害と、手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。ヒトを含む動物が好き。珈琲と抹茶風味の甘いもので幸せな気持ちになります。