故郷は、片想いだけで成立するんだって。帰ってくる場所は、いくつあってもいいよね。

白川村の父と母と、大事な妹が、石垣島まで遊びに来てくれました。

この1週間なかなか晴れなくて、澄んだ海と空は見てもらえなかったけど、大好きな場所を、大好きな人たちに訪れてもらえたことが嬉しくて。

今年は、柴さんご家族、美湖さんご家族、後藤さん、はるさんご夫妻、まきちゃんなど、白川村でご縁あった方々が、沢山ご来島してくれた1年でした。

飛騨で縁あった人たちが

八重山に遊びに来てくれること。

八重山の友人たちが

飛騨まで遊びに来てくれること。

自分が大事に思っている場所を

大切な方々に紹介できること。

離れた土地にいる大好きな友人同士が

繋がり合って、新たな輪が広がること。

それが何より嬉しくて、

こういう半径数メートルの小さな幸せだけで

十分豊かに生きていけるなあと感じたりします。

不便な田舎にいるのに、

本当に会いたい人とはずっとコンスタンスに会えていて、

東京にいた時よりも、みんながゆっくりとした気持ちで

時間をとって会いに来てくれるから、

のんびりじっくり話せる感じがする。

日常と離れた大自然の中での対話や共同生活は、

人混みや情報に溢れた空間でするよりもずっと、

いい感じになりやすいなと感じます。

さっきつぐさんが呟いてた

「友達と一緒で、勝手に片想いしてるだけで成立すると思い込んでます、故郷って。その人の中に何個あったっていいし、そこにいた時間が長くなくても全然いいし。帰ってくる場所は、いくつあってもいいって。」

って言葉も、うんうんって思ったんだけど、

自分たちの存在や活動を通じて、

「帰れる場所や心のふるさとが増えた」と

言ってくれる人に出会う度に、

ああ、嬉しいな、と感じます。

そして、いつ帰ってきても温かく迎えてくれる、

石垣島の家族(のような存在の方も含め)や友人たちに、感謝します。

美代子さん、吉実さん、ほのか、

おーりとーり石垣島 でした。

白川村の真っ白な雪景色の写真が送られてきても、石垣島で見ると現実感がないもんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。