学生限定のローカルワーク編集合宿をやってみて感じること(白川郷ヒト大学)

本日、<満員御礼>【学生限定】ローカルワーク編集合宿@白川郷の2日目を開催中。今回はヒト大講座初めての、学生限定。

面白い同年代に出会え、とても楽しい嬉しい。

最近出会う素敵な人や仕事仲間は 30代くらいの人たちが多かったので、少し上の世代に 素敵な活動をしている人が沢山いることは感じてたけど、今の私が生きている環境では、同年代で地域とか場づくりとかにがっつり関わってるようなアクティブな人と出会える機会は、まだあまりなく。

そんな中で、今回集まったメンバーは、10代後半から20代前半の年代。その全員が、ローカルやグローバルを飛び回って、色んな世界を見て、人や場を繋ぐ活動をしている若者たちで、面白い同世代が沢山いることを感じて嬉しくなっている。

みんな今はまだ学生で、何者でもない自分に歯がゆさやモゾモゾした感じを持ちつつ、でもそれぞれめっちゃ頑張って動いていて、国内外あちこちにしっかり縁や拠点を増やして、経験から得た学びと素直な自分の感覚に基づいたアクションを、恐れずどんどん実行してる。

人生をよくしよう社会をよくしようと、たくさんのことを経験して考えて行動している若者がいっぱいいて、日本の未来は明るいと感じた。

これから、大学を出て、みんながそれぞれの道で
もっと大きく動き出したら、どんどん楽しくなるね。

今の世界は、若者同士で繋がる力も強いから、動いてるヒト同士どんどん繋がって力を貸しあって、フットワーク軽く行き来している。楽しいなあ。

地域に入る間口も、世界に羽ばたくきっかけも
とても広がっていて、いい時代だなと思う。

いい感じの団体が、学生と地域を繋ぐ役割をあちこちでしていたり、いい感じの大人が受け入れ先として待っていてくれたりと、いい体制が日本にできて来ていることを、改めてリアルに感じる機会になりました。

みなさん来てくれてありがとう、と既に思う。
1週間、白川村でいい時間を過ごしてほしい。
私もあちこちのすてき同年代に会いに行こう。

今日の夜はローカルワーク編集合宿懇親会だよ。


(以下 後日追記)

懇親会、副学長の女子大生からの人気がすごかった

↑のレポートをあとから読んで心に残った、講師たつさんの言葉を抜粋

「編集」とは、ただ「情報の整理と発信」をすることではなく
「価値を発見」して「人の心に届くよう表現」すること。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものかを学ぶべく、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。2020年に交通事故と入院生活を経て、帰島。現在は社会復帰と復職の真っ最中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。実体験を伴わない、頭でっかちな言動をとらないように、という自戒も込めて。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。食べるのが極端に遅い。けど食べることは大好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。 かっこ悪いとこも、余裕のなさも心の波も、何も隠せなくなったので、これからはもっと人間臭く、生きていこう。