今、調理訓練が終わったよ。

「僕が食材を自由に買ってくるから、それを使って何か1品、即興で作ってみてね。」というお題をもらい、K先生(今の担当OTをしてくれている方)との初めてのクッキングリハビリでした。

そのK先生が今日買ってきてくれた具材というのが、ゴーヤとか豆腐とかお肉(サラダチキンだけど・・・)で、見るからにゴーヤチャンプルのレシピだと思い、久しぶりに作りました☺️

美味しくできているといいなと思いながら、味付け中でも患者は味見をしちゃいけない病院のルールがあるので、またあとで、食べてくださるリハビリの先生方に 素直な感想を聞こうと思っています。


あと、今日のこの記事のタイトルは、またもや主任のPTさんのブログを読んで思ったこと。

記録が教えてくれること。|未来はつくるもの

以下、△の記事から引用
不思議なことだが、過去の自分が書いた文章も、他人のものとして読めるようになる。その時考えていた事や、自分の中で流行っていたもの、思考の移り変わりなどが俯瞰できる

わっかる。長いこと舞台をやってきたから、ナマモノの表現方法が大好きだし、ナマモノにしか持てない力があるのもよく分かるけど、時間を超えて思考や感情を蘇らせてくれる「目に見える記録として残せる表現」も、すっごい好きだ。

絵や文字を書く人とか、写真や映像を撮る人とか、何か形ある作品を作れる人を尊敬するし、そういう友人に恵まれていることを、心から幸せに思う。

普段の暮らしに寄り添うようなものから、特別な日のものまで、目に映る身の回りのモノに 心を込めて向き合うこと、これからもずっと大切にして居たいのです。

実家のちよ(猫)とまる(犬)。千代は機嫌が悪いと、通りすがりにマルに猫パンチします。

ありがとうございます🙇‍島に帰って、香りと味をゆっくり楽しめる日を心待ちに。

ここ数日、地元から家族が送ってくれた沖縄のちんすこう達を、お世話になっている方々に配っているのですが、意外に「長命草」味、人気です☺️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄県石垣島出身。早稲田大学進学のため上京。地域づくり・教育について現場で学ぼうと、19歳のとき大学を休学して岐阜県白川村に移住。24歳の冬に単独の交通事故をおこして、岐阜・東京の病院での入院・リハビリを経て、25歳現在は地元の石垣島北部にある実家で療養中。 対話・福祉・コミュニティ形成などに興味があります。白くまアイスと、味噌汁と、踊ること、撮ること、書くことが好き。