「大切なのは具体的に未来を描くこと。」私が描く未来はなんだろう。自分で勝手に感じている使命「小さな声を世の中に浸透させて生きづらい人を減らす」という役割を、いつか果たすことかな。

今を主体的に生きるコツは「自分の在りたい姿」を具体的に描くこと。植えない稲は刈り取れない。

24/08/2020

今日は1日中、主任のPTの先生が今朝のブログで取り上げていた内容について考えているので、再度シェアするね。

若者と人生の先輩達が、手を取り合う時代。|未来はつくるもの

↑の記事から引用
また1つ、目標ができた。
未来では、人と人とをつなぐプロフェッショナルになっている。そのために、まずは自分の周りの人達と関わって出来ることから始めていく。
「あなたの生き方、素敵です」プロジェクト、始動です笑。

「あなたの生き方、素敵です」プロジェクト、私も加わらせて欲しいな。

今の「踊れない / 撮れない(目がうまく見えない&細かい手の動きが厳しい&体の動かせる範囲や保てる姿勢が限られているから 本当に撮りたい構図で写真を撮るのは難しい) / スラスラ話せない」自分、

大好きだったダンスや八重山舞踊、カメラ、写真、対話、コミュニケーションが、とても難しい存在に感じられてしまう今の私ができることといえば、

ぱっと思いつくのは、素敵な生き方をしていると感じた人の生き方を 文字で伝えること と、本人に「あなたの存在はとても素敵で 尊敬しているよ」の敬意を態度で表すこと、だけなのかもしれないけど、まずはやってみたい。

今日は、先ほどご紹介した記事を書いた主任のH先生は お休みだった。

楽しい休日を過ごしてくれてるといいなと思いながら、また明日会えたときに、いつもの感謝の気持ちを込めて、渡したいものがあるんだ☺️

アイキャッチは、島から家族が送ってくれた贈り物の中にあった「よもぎげんまい」。子どもの頃は、黒糖げんまいをめっちゃ飲んでた。なつかしや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものかを学ぶべく、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。2020年に交通事故と入院生活を経て、帰島。現在は社会復帰と復職の真っ最中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。実体験を伴わない、頭でっかちな言動をとらないように、という自戒も込めて。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。食べるのが極端に遅い。けど食べることは大好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。 かっこ悪いとこも、余裕のなさも心の波も、何も隠せなくなったので、これからはもっと人間臭く、生きていこう。