最近は、言語聴覚士さんとのリハビリの宿題も、前にやってた「その日の新聞の記事から一つ話題を選んで要約と感想をまとめる」という課題から内容が変わって、普通のセンター試験の国語みたいな文章課題に変わってたんだけど、その課題プリントも在庫が切れちゃって、今朝は久しぶりに新聞課題に取り組んだ。


8/15 朝日新聞5pの、PILOTの一面の広告記事が目に留まった。というか暗い話題は 今はその力に引っ張られるのが嫌で、見るのを避けているから、その広告からはなんかいいパワーを感じたんだと思う。

(内容)

パソコンと手紙の大きなシンプルなイラスト、小さなPILOTのペンの絵とともに、「画面越しにつながれる時代に、わざわざ手紙をもらった。本気で伝えようとしている、と思った。」のキャッチコピーが印象的な広告だった。左下に「書く、を支える。」という文字とpilotのロゴ、株式会社パイロットコーポレーションの文字があった。

(感想)ペンで手紙を書きたくなる、とても良い広告だと思った。既存のデジタルのフォントとかではなく、手書きの文字を使っているのが、すごくいいと思った。


アイキャッチは、朝からダラケきってる無防備なポーズの愛犬マル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとは何なのか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害と、手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。ヒトを含む動物が好き。珈琲と抹茶風味の甘いもので幸せな気持ちになります。