さっき、STさんと言語のリハビリをしてて、気づいたこと。

多分 私は一般的なマジョリティ側の方よりも、言葉への感度が過敏だと思う。

だからなのか、「本質的な意味を持たないのに 形式上の礼儀のためにするコミュニケーション」が無意味に思えて、苦手なんだ。

意味のない言葉を交わすことに、人より繊細に「今のやり取り何‥?」って思っちゃう。

挨拶とか相手を気遣って使う言葉に対しても、私はそう思ってしまうことに気づいた。

いつもそのSTさんが掛けてくれるリハビリのはじめのセリフ「今日の調子はどうですか?」って挨拶も、私はいつも(多少体調悪くても)「良いです」って答えるから、私には聞かなくていいのに、って思っちゃう。

ひねくれてるのは よく分かってる。

でも苦手意識はなかなか変えられないのもよく分かってるから、どうかこれを読んでくれた方だけでも、そのセリフを私に言わずにいてくれるように、書かせてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島生まれ。大学進学のため上京後、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。様々な場づくりを通して、地域やコミュニティについて学んだ5年間。 (実務は、ソーシャル大学・こども劇団・コミュニティスペースの運営、地域の観光用SNS運用、村内向けローカルマガジンの発行、地域内外でのイベント企画・開催、村役場・農家さん・民宿・飲食店・学童・社協などの業務お手伝い、移住定住支援事業サポートなど) 2020年、交通事故、入院生活を経て帰島。脳の障害や軽度の身体障害が残り、色々なことがうまくできなくなり、1から再挑戦・再獲得の日々。脳がうまく働かなくなった今だから初めて気づけること、学べた価値観を大切に、これからも前向きに生きていきたいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。ヒトを含む動物が好き。肩の力を抜いていこ〜☺️