入院してから、幸せを感じるハードルがすごく下がって、良い変化だと思ってるんだけど、

最近幸せ感じるのは、食器の配膳や撤収を自分でさせてもらえること。

前まではケアワーカーさんとか看護師さんとかリハビリの先生たちが配膳・回収もしてくれてたから、多分スタッフ同士での情報共有がうまくいってない原因があったと思うんだけど、別の人それぞれが5分の間に何度も撤収にくる、みたいな事態が多発していて、

私食べるのがもともと遅いし、いつも回収の人めっちゃ来るからすごく焦らされながら食べてたんだけど、自分で撤収させてもらえるようになってから、そのストレスがなくなった。

自分のペースを大切にして生きられること、幸せに生きるために私はすごく大切なんだね。

アイキャッチは、懐かしのアカハチTシャツ☺️入院中久しぶりによく着てるよ。多分、自分の中ではお守りみたい気分だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものなのか学ぶべく、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。2020年に交通事故と入院生活を経て、帰島。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。実体験を伴わない、頭でっかちな言動をとらないように、という自戒も込めて。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが今の目標。)ヒトを含む動物が好き。食べるのが極端に遅いですが、食べることは大好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ミレービスケット。