誰も答えを知らない世の中だからこそ、学び続けなくちゃいけない。

白川郷ヒト大学からこんにちは!報告が遅くなってしまいましたが、先日12月19日(水)に行われた「岐阜県地域おこし協力隊…

ヒト大学さんの投稿 2018年12月29日土曜日

先日、岐阜県地域おこし協力隊スキルアップ研修にて講演とワークショップの進行をコーディネートさせてもらいました。

登壇の機会を頂くたびに、色んな学びがあります。

立派なキャリアを積んでいて、幸せな家庭を築いていたり、自営で仕事の成功を経験していたりする先輩たちでも、こうやって私と同じように生き方 働き方に悩んで、自分探しをしていたりするんだなあ、という気づきは、なんだか毎回衝撃で。

きっと世の中のほとんどのことに正解はなくて、誰も答えを知らないから、人は生涯学び続けなければいけないんでしょう。

長年「答えを当てる」ための義務教育を受けて育ってきて、「大人は全ての答えを知っているもんだ」と思い込んでいた私にとって、「そうではないんだ、みんな答えを知らないんだ」と気付いた時の衝撃は、大きなものでした。

でも答えがないからこそ、学んだり考えたりするのが楽しくて。

これからもっともっと、「思いを形に」の実験を繰り返して、色んな人の人生のストーリーを聞いていきたいなと、昨夜のヒト大忘年会でも改めて感じたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとは何なのか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害と、手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。ヒトを含む動物が好き。珈琲と抹茶風味の甘いもので幸せな気持ちになります。