冬の帰雲城址に行ってきました。

今回の自主公演のタイトルは「帰り雲の詩」

400年以上も昔、天正時代の白川村にあったという「帰雲城」の、4代目城主「内ヶ嶋氏理」の物語です。

この跡地は、大地震により一夜で埋まってしまった「幻の城」とその城下町が在ったとされる場所で、「帰雲城跡には埋蔵金が眠っている」という黄金伝説も残っています。

「内ヶ嶋氏理は、何を思い、城と共にこの地に沈んだのか。」

時代の闇に閉ざされてしまった帰雲城の物語を、

いまを生きる子どもたちが紡いでいく舞台になっています。

今回は、子どもたちと帰雲城趾に行った際の写真を載せます。

夏には何度も足を運んだこの場所ですが、冬はまた全然違う景色になっていました。吹雪いていて山の上の跡地も目視しづらくなっていましたが、真っ白な景色はとても静かで綺麗でした。

また近いうちにメンバーみんなで、公演の成功祈願をしに行きます。見守っていてくださいますように。

景色の比較に、夏の写真も載せます。

公演の前後でお手伝いに来てくれる人も大募集!

不慣れなことばかりだからね。裏方入ってくれる人や、元気付けてくれる人や、単純に応援にきてくれる人、ぜひぜひ宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものなのか学ぶべく、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。2020年に交通事故と入院生活を経て、帰島。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。実体験を伴わない、頭でっかちな言動をとらないように、という自戒も込めて。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが今の目標。)ヒトを含む動物が好き。食べるのが極端に遅いですが、食べることは大好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ミレービスケット。