「10年前の私へ」〜第1号 青木省悟さん〜

八重山ヒト大学のこの企画。今頃だけど、乗っかろう。すごく青木さんの文章がよくて、涙腺ゆるゆるなってるよ。


15歳だった自分へ。

中3だね。受験控えつつ、アカハチや八重山舞踊の稽古に明け暮れてるかな?

これから楽しいことが沢山待ってるよ。自分にできることで、人の役に立つことも、見つけられるよ。好きなことに挑戦させてもらえる環境も、大人になってもずっと守られてるよ。だんだん、今度は後輩たちにそんな場を作ってあげるポジションになろうと頑張ってるよ。人にも恵まれ続けるよ。大切な大切な存在の人も、全国や世界の各地に沢っ山できてるよ。命のありがたさもすごく分かるようになるよ。色々あるけど、全部ひっくるめて、生きるのは楽しいよ。

25歳の今年、みんなの祈りの力のおかげで生きられてることを実感したよ。今まで気付いてなかった色々な本質的なことも理解するようになったよ。

相変わらず泣き虫だけど、そのぶん沢山 心に向き合う時間を重ねられるよ。きっといつかその経験が役立つよ。

今を丁寧に大切に、噛み締めて、努力を重ねて生きてね。待ってるよ。


 

これから10年先にもまた過去の自分に手紙書けるように、頑張って生きよう。生きられますように。命を繋げていますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。