入院中の闘病記

インタビュー

理学療法士(PT)として、患者さん自身に「この病気や怪我には こんな意味があったんだな」と気づいてもらうこと、関わった人を幸せにすることを使命に、人と真摯に向き合い続けるHさん。

この「病院スタッフさん方へのインタビュープロジェクト」も、ついにフィナーレを迎えました。明日にはいよいよ退院を控えたタイミングです。なんとか入院中に走り抜けられて よかった・・・!お付き合い頂いた皆様(記事を読んでくださ…

入院中の闘病記

この世で起こる出来事の「意味」は、個人の中に存在するのではなく、人々の相互的なコミュニケーションの結果からしか生まれないものだということ。

入院生活も残すところ まる2日となりました・・・。 昨日は、散々お世話になった、私の担当をしてくれていたPTさん、STさんとの最後のリハビリが終わってしまい、かなり悲しくなったりしました。 昨日のSTさんとの新聞課題で選…

入院中の闘病記

本能的に苦手意識を持ってしまう物事や人との出会いを、「新たなステージに行くための風」なんだと捉えることを大事にしたい。

今日も担当のPTさんの言葉を読んで色々考える時間を頂いています。 外からの風を取り入れられるか、が鍵。|未来はつくるもの うんうん。今の私は、入院生活で何かの組織に属している感覚は薄いけど、これは意識したいと思った。苦手…

入院中の闘病記

「終わらせ方」って大事だね。ちゃんと向き合って考える時間を与えてくれて、ありがとう過ぎる。

なぜ落ち葉を掃くんだろう。|未来はつくるもの 私は、今までは 0から1を生む仕事や活動に興味があったから、自分でも場づくりや作品作りをたくさんしてきたし、命の誕生にもすごく興味があった。 でも今は、物事の終わりに、興味を…

入院中の闘病記

「天に必要と判断されれば、自ずと あるべき方向へ流れて行く。」私にとっての幸せの形を見つめ直す時間を与えてくれたことに、大感謝。

今日も今日とて、主任PTさんの言葉をメモ。 物作りが好きだ。|未来はつくるもの わっかる・・・。もうひたすら、この記事読んでいる間ずっと「分かる。」が連発だった。 私にとっての「幸せの形」、前よりくっきりと 見えるように…

入院中の闘病記

「不便を愛そう。」いよいよ残り1週間。暮らしの中にも哲学の存在を感じて、大切にできる人で在りたい。今日は何を積んでいけるかな。

今日も主任PTさんのブログに、悟りの世界を学ばせて頂いています。 実践できる哲学の授業がほしかった。|未来はつくるもの 「何かうまくできない時は自分を責めるのでなく、何かが不足しているだけ。不足分は補えばよい。」って、本…