今日は、脳のリハビリで言語聴覚士さんとやっている「新聞から気になった記事を選んで、その内容の要約と感想をまとめる」という課題を転載するね。


9/2(水)の讀賣新聞13pの一面を使った「SDGsエスディージーズ @スクール」という連載記事

(内容)持続可能な開発目標と略されるSDGs2015年の国連総会で提唱・採択され、現在では、貧困や飢餓、教育、男女の平等、働きがい、生産消費、生態系の保全など、17項目の目標を掲げている。目標の下には、具体策や数値目標などを示した計169のターゲットがある。

日本でも最近だんだんと認知度があがり、授業に取り入れる学校が増えている。

中央大学附属高校では、異色の経歴を持つ教師2人がタッグを組み、文理融合を目指した通年授業を進めている。

記事中で取り上げられていた2人の教師のうち、もともと国語担当の北島教諭は、常日頃から「文系・理系の垣根なく、様々な社会事象に興味を持つ生徒を育てたい」と考えて教壇に立っていたという。文理の垣根を取り払い、自由な発想の授業をできないだろうかと考えていた頃に、SDGsを取り扱う勉強会に参加して「SDGsは森羅万象を取り扱う。これをテーマに授業すると、生徒たちは文理に捉われずに社会問題に目を向け、自らの意見を述べるようになるのではないか。」と閃き、時間の許す限り SDGsの勉強会に参加した。

広告代理店での前職経験(交渉力など)を活かして、授業の相棒として、元調理師で理科(生物)担当の元山教諭を誘った。

この連載は毎月一回、第一水曜日に掲載されるそう。

前盛感想

すごくいい取り組みだと思った。SDGsの勉強会、私も参加してみたい。記事中で紹介されていた教師さんたちのような働き方(自分自身がその分野の本質について考え抜いて、描く未来を実現する具体的な方法を学んで、明確な理念・信念を持って向き合うこと)ができるようになりたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。