事故後から付き合っている複視(目に映るもの全てが二重に見える状態)による見えづらさをカバーするために 日頃から片方の目に張っていたシール式の眼帯を、今日から、「試しに一旦外して生活をしてみよう」と主任のPTさんと話して、目のリハビリの一環として両目で見ても焦点が合うように訓練をしているんだけど、これが、めっちゃ眠くなる。

両目の情報が一気に脳に来たから、やっぱり脳が受けとる情報負荷が大きくて、その部分での脳のトレスが増えているんだね。

転院当初は、いつもひたすら眠かった理由が、ちょっと分かった。

岐阜・高山の赤十字病院にいた頃の映像を両親から見せてもらったとき、リハビリ途中でも、私がまるで気を失うかのような感じで担当してくれていたPTさんに倒れ込んでいて、それを初めて見たときは、もちろん当時の記憶はなかったから、びっっくりして衝撃を受けたんだけど、多分それくらい、目に映る情報量の負荷に、脳が耐えられていなかったということだったんだね。あと当時は、リハビリ中でもご飯中でもお見舞いに来てくれた方との面会中でも、もうひたすら「早くベッドに行きたい」を希望していたそうです・・・(笑)ただただ眠気に負けて睡眠最優先になっていた頃の私を知る方、激しくごめんなさい。

赤羽リハビリテーション病院への転院当初にSTを担当してくれていたO先生が、眼帯をつける提案をしてくれたそうなんだけど、おかげで、その後はまともにリハビリができていたよ。

今の状態は、両目で見ると、どうしてもダブるところはダブるし、ダブる見方とダブらない見方を意識してチェンジすることができる範囲もある、という感じです。焦点を合わせようと脳や目が努力しているから、こんなに疲れるんだと思います。

ちなみに、この記事を書いているときはしっかり両目で見てPCで文字の入力を頑張っているよ。誤字脱字とかあったら教えてください🙇‍

自然の回復能力を信じよう。

私が好きだった沖縄本島出身の可愛いおばあちゃん(東京にはお嫁に来たそう)が今朝退院された。退院時には こうやって2階のエレベーター前まで看護師さんやケアワーカーさんがスタッフ総出で見送ってくださるのです😣 退院する時間は大抵もうリハビリが始まってる時間なので、リハビリスタッフは居ないそう。リハビリスタッフさん居たら私は完璧泣いちゃうからよかった・・・😌

カレンダーめくったよ。

部屋が秋模様になった。また茅刈りも行ける日がくるといいな・・・。

3 件のコメント

  • 息子が脳の手術の後遺症で複視と高次機能障害と闘っています。「自然の回復能力を信じよう」の言葉に私自身前向きな気持ちになる事が出来ました。息子の明るい未来に希望が持てました。現在のお体の様子はいかがですか?教えて頂けるとありがたいです。

    • 複視の症状に関してきちんと答えられていなかったので、追記させて頂きます‍

      複視については、私は入院中はずっとあって、退院後も、受傷1年経つくらいまでは、しっかり残っていました。片目を閉じて(ウインクみたいな感じで)生活することにも慣れてきちゃっていましたが、最近はだんだんと重なって見える時間が減ってきて、受傷(発症)1年半を迎える現在は、複視の症状を感じることは、ほとんどなくなりました。

      今でもたまに、頭をたくさん使って脳が疲れているときとかには、世界が二重に見えてしまうことはやっぱりあって、そうするともうパソコン仕事とかは文字を解読するのにすごく時間がかかってしまうので、そういうときは無理せず早々にひと休み入れるようにしています。最近は30分休めば、複視の症状もだいたい回復して作業を進められるようになっています。

      明るい未来を信じて、今できることを1つ1つ、お互いに頑張りましょう

    • コメントありがとうございました!通知に気づかずお返事が遅くなってしまったこと、申し訳ないです‍

      私は入院中に「高次脳機能障害の回復には、時間の経過が大事な1要素になる。時間が必ず味方してくれる。」という言葉を聞かせてもらって、その言葉を信じて、私自身も家族も、苦しい時期を乗り越えてこられましたが、もうすぐ受傷(発症)1年半を迎える今のタイミングになってやっと、そのことを自分でも確実に実感・自覚できるようになっています。

      息子さんの現在の様子はいかがですか?若年層であれば、回復にかかる時間は圧倒的に早いと、私がお世話になった医療関係者やリハビリ関係者も、話してくれました。

      私自身、高次脳機能障害をもつ当事者の全国のオンラインのコミュニティに入っていたことがあるのですが、そこで色々な人と交流をさせてもらったときに、やっぱり若年層の回復のスピードは凄く早いなと、感じていました。

      私は暮らしている場所が田舎なこともあって、社会復帰後もリアルな場では同じ障害をもつ当事者と出会えたことはないんですが、オンラインでもこうしてご家族さまや関係者の方とコミュニケーションがとれることは、とても嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    沖縄県石垣島出身。早稲田大学進学のため上京。地域づくり・教育について現場で学ぼうと、19歳のとき大学を休学して岐阜県白川村に移住。24歳のときに交通事故を経験して、岐阜・東京での入院・リハビリを経て、25歳で地元 石垣島に帰島。26歳現在は島で身体機能・脳機能のリハビリを続けながら、復職を含めた社会復帰真っ最中。 対話・場づくり・福祉・コミュニティ形成などに興味があり、たぶん縁もあります。抹茶と、冷や味噌汁が好き。踊ること、撮ること、書くことも好き。個人の記憶とか感情とか、分かりやすく目に見えないものを、何かしらの表現で未来に残すことのできる行為が、好きなんだと思います。