リハビリ病院の看護師さんは、朝の検温や血圧測定のときに、必ず「昨日の排泄の回数はそれぞれ何回ですか?」という質問をする。

私は、その質問への回答がいつも正しくできるように、お手洗いに行った回数や時間などを iphoneのグーグルカレンダーアプリに細かく書き入れて、毎日 報告できるようにしている。

でも、たまに、多分意識的に、その項目を掘り下げて細かく聞かずにいてくれる看護師さんもいる。

看護師さんがみんな聞くということは、看護師さんの仕事として必ず行う必要がある項目の中に、「排泄回数の記録」というのがあると思うんだけど、その項目について細かく聞くことを省いてくれている方は「このチェック項目を細かく聞くことで、この患者さんは嫌な思いをしているだろう。この患者さんの病気とか年齢的に、そこを心配する必要は不要だろう。」という配慮を多分してくれていて、その上でいつも聞かないでいてくれて、記入すべき書類などにはうまいこと書いてくれているんだと思う。

「いま何か困っていることや 体のことでいつもと違うこと というのはある?」くらいの、軽い質問で聞いてくれる心遣いが、いつもすごくありがたいです。

私も、自覚なくても「ルーティーンの通常運行」や「自分たちの保身」を優先してしまって つい「誰の為の決まり事なのか分からない」ルールを重んじてしまっていたことが、あったのかもしれない。これからは、より意識して、彼のように在りたい、と学ばせて頂きました。

やっぱり、「相手の気持ちに心から寄り添う姿勢」が身についていて、小さな判断にも主体的に心を込められる方のことを、とっても尊敬するし、信頼するし、私もそんな人間で在りたいと思ったのです。

「学びは一生続くものだから。」看護師として日々 進化し続けるNさん。

2020.8.6.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。