世界の美しさを感じるたびに、その瞬間に立ち会えていることに、そしてこうして命あることに、心から感謝する時間をもらっている。

今日リハビリの合間に、デイルームという休憩スペースの窓辺の席で紅茶を飲んでいたら、窓辺の木漏れ日がすごく綺麗で、「あぁ、カメラが欲しい。この美しい記憶を記録したい・・・。」と思った。

ただの陽の光なんだけど、窓ガラスを通して見る木漏れ日というのは、直接見る木漏れ日とは、またちょっと違った見え方のような気がする。なんだか芸術になるよね☺️

こういう時間の移ろいに気持ちを向けられて、ゆったりと幸せを感じることができるのも、命あってこそだ☺️

ありがとー!

深々と、命、素晴らしや。

あと今日の体のリハビリに入ってくれたPTのS先生と、外をお散歩しながら、私が事故当時 暮らしていた岐阜・白川の話をしていて、リハビリ後にふと思い立って当時の写真を探してみたら、「やまよの家」のFBページで 当時の自宅周りの写真を見つけたよ。白い世界はすんごく綺麗で、そして厳しくて、心身共に鍛えてもらうのに とても適した環境だったな・・・。

右上にある赤い屋根のお家が当時の自宅だよ

雪は、美しいだけじゃなく、重くて硬くて冷たい巨大な白い塊にもなるんだと、沖縄にいる頃は知らなかったのです。

あと今日も、同室のおばあちゃんのでっかい独り言の内容や、ナースさんとの会話の噛み合ってなさ過ぎ具合が、とても面白かった。この記事書きながらも、何度か吹き出したよ☺️

平和な笑いを、ありがとう。

△ 嘘や猫撫で声(本気で向き合う姿勢や相手への誠意が感じられない声)は嫌いだし、「この神様を信じています」という信仰も、私にはないけれど、「嘘をついてまで励ましてくれる存在が必要な場面が、確かに存在する」というのは、とても分かります。「嘘をついてでも、相手の未来の幸せを強く信じて、祈って、その相手に力や言葉を与えることができる人」というのが、私はとても好きだし、自分もそう在りたいんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄県石垣島出身。早稲田大学進学のため上京。地域づくり・教育について現場で学ぼうと、19歳のとき大学を休学して岐阜県白川村に移住。24歳のときに交通事故を経験して、岐阜・東京での入院・リハビリを経て、25歳で地元 石垣島に帰島。26歳現在は島で身体機能・脳機能のリハビリを続けながら、復職を含めた社会復帰真っ最中。 対話・場づくり・福祉・コミュニティ形成などに興味があり、たぶん縁もあります。抹茶と、冷や味噌汁が好き。踊ること、撮ること、書くことも好き。個人の記憶とか感情とか、分かりやすく目に見えないものを、何かしらの表現で未来に残すことのできる行為が、好きなんだと思います。