地元沖縄県にいる家族から、スウィーツ類の差し入れが届いたよ!

実家がある八重山諸島 石垣島の北部、野底村の栄集落にある「giving tree home」さんと、いつも安定の変わらぬ美味しさを提供してくれる「琉球スイーツ庵」さんのお菓子。あったかい味に、思わず涙こぼれました・・・😢 甘いもの食べて その美味しさに感動して泣くのは、多分初めて。本当にありがとう。

そういや「退院してからやりたい100のこと」のリストを入院中に作ろうと思っているんですが、間違いなく「甘いものを食べる」系は、1割を越えると思います😏

事故をしてお世話になった岐阜・東京の病院の方々、ぜひいつか石垣島に遊びにきてください・・・! 少しでもお礼の気持ちを返せるように、ご案内できるように、頑張ってより回復して、待っています。


そして今日は、既に退院してしまった仲良しの患者さんが、退院後 初となるリハビリの通院に来ていて、少しの時間ですが会うことができました・・・!!

退院しても こうして会ってくれることに感謝だなぁと胸熱だったんですが、なんと 差し入れまで頂いてしまいました・・・!

初めて見る私服姿、そして彼女の纏う雰囲気から、しっかり社会復帰されている様子をじんわりと感じて、やっぱり入院中とは違う 新たな人生を歩み始めていることを感じることができました。しみじみと、嬉しい気持ちと 前向きな気持ちを与えてもらった1日でした。

お互い頑張って生きて、きっとまた会おうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。