久しぶりに、今日も言語のリハビリの新聞記事課題のピックアップを。

8/18(火)の 毎日新聞 24pの「桜田です!」という4コマ漫画を選んだよ。もはや記事じゃなくなってきてるね💧

最初は朝日新聞とってきたけど、飲み物取りに行ってる間に他の患者さんがその席に座ってて、おばあちゃんが一生懸命読んでたよ。あんだけ食いついて読んでくれてたら、持ってきた甲斐あるなと嬉しくなった。


(内容)「夏休みなのにプールは閉まってるし、むさしのランドは休園中だしな」とぼやきながら残念そうな表情をしている父と息子に、祖父らしきおじいちゃんが 穏やかな様子で「いやいや夏の雲は変わらずあるさ。」と、長年生きてきたから身についたのであろう貫禄とともに 語る。その言葉を受けた2人は、あまり腑に落ちずに納得できていない様子だった。

最後のコマで「変わらずあるもののありがたさがお前たちにもいつか分かるさ。」というおじいちゃんの胸のうちの呟きと、彼が微笑しく2人を見守る様子が描かれていた。

(感想)

最後のコマで描かれていた「変わらずあるもののありがたさがお前たちにもいつか分かるさ。」というおじいちゃんの想いが、感慨深いなと思った。


変わらずあるもののありがたさ、私も前よりは、事故後の方が「変わらずあるものなんて滅多にない」という実感が湧いたからこそ、深く分かるようになったんじゃないかな、と思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。