これは、今回の一連の出来事があってこそ、分かったこと。本当に深く感じてること。

愛が薄い人にはそもそも魅力を感じられないけど、人としての愛情が深くても、「心配してるよ」の言葉ばかりを前面に伝えてくる人のことも得意じゃない。

事故をしたあとに、尊敬する愛情深いアーティストさんから

私の出会った子どもたちはみんな私の子どものように想ってる。
とても大切に想ってるよ。
よもぎはどんなことがあっても絶対だいじょうぶ。心配してない。
会える日を楽しみにしてるよ!!

と言葉をかけてもらったとき、すごくありがたく、こういう励まし方はとても素敵だし、嬉しいなぁと思った。心配する気持ちは多分沢山ありながらも、ハッキリと「あなたは大丈夫」と言える心を、強い精神を、私も持ちたいと思った。

私も、そういう、人への本当の思いやりがある、愛ある励まし方を、できるようになりたいんだ。

今まで、配慮の気持ちが足りてない、「心配してるよ」の気持ちを前面に出し過ぎた励まし方をしちゃったことが、私にもあったと思う。

ごめんなさい。

病気や事故には、全て意味があるって本当に分かる。気づかせるためにおきたことだね。そのチャンスを与えてくれて、本当にありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。