今日、STのI先生と「病院のナースコールの音を色々変えてみたら、患者や看護師の行動に変化が起きるのか気になるね」という内容の話をしたよ。

危険を感じさせるような警報音とか、運動会の走り競争のBGMみたいな曲とか、耳障りのいい効果音とか(例として Twitterのタイムライン更新しようと画面をスワイプしたときに自動で鳴る「シュッ」て音とか)、リラックスできる音楽とか、使い分けたら人の行動も色々変わってきそうで面白いよね☺️

私が「I先生、試しに病院で実験してみて、その結果をもとに論文かいて欲しいよ」と言ったけど、それはさすがにダメだと😂 そうよね。

でも、自分の体験からも、音が人の心身に与える影響というのは、多分すごくあると思うんだ。

そして、いつか、聴覚が不自由な方の世界も、当事者の方から教えてもらえたらいいなと思っています。

「自分は駄目だ」の思いから始まったからこそ、患者さんにも後輩にも同じ目線で寄り添うことを大事にする。言語聴覚士(ST)としての使命を全うしながら、日々己と向き合い続けるIさん。

2020-08-01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものなのか学ぶべく、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。2020年に交通事故と入院生活を経て、帰島。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。実体験を伴わない、頭でっかちな言動をとらないように、という自戒も込めて。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが今の目標。)ヒトを含む動物が好き。食べるのが極端に遅いですが、食べることは大好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ミレービスケット。