今日、なんでか分からないけど ふと思い出した、小学生時代に国語の授業で教わった詩。

この頃から多分 文字とか言葉というのが好きだったんだと思う。

あいうえお     新井あらい 竹子たけこ

 

おなかに 手を あて

「あいうえお」

 

むねに 手を あて

「あいうえお」

 

ほほに 手を あて

「あいうえお」

 

みじかく きって

「あ、い、う、え、お」

 

すこし のばして

「あー、いー、うー、えー、おー」

 

では もういちど

おなかに 手を あて

「あいうえお」

 

“あいうえお”は

母音ぼいん といって、

日本にほんの ことばの 母さんです

学生時代からずっと、得意なのは数学だったけど、好きなのは文章書くことだったなぁと懐かしくなった。

言葉を綴る力を残してくれて、本当に、ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄県石垣島出身。早稲田大学進学のため上京。地域づくり・教育について現場で学ぼうと、19歳のとき大学を休学して岐阜県白川村に移住。24歳の冬に単独の交通事故をおこして、岐阜・東京の病院での入院・リハビリを経て、25歳現在は地元の石垣島北部にある実家で療養中。 対話・福祉・コミュニティ形成などに興味があります。白くまアイスと、味噌汁と、踊ること、撮ること、書くことが好き。