先日M先生から変わってOTの担当を引き継いで下さったA先生と「QOL(Quality of Life)」の話をした。

「人のために生きる。」作業療法士として日々奮闘中のMさん。

2020.7.23.

qolとは、「人生の質」、「生活の質」などと訳されることが多く、私たちが生きる上での満足度をあらわす指標のひとつ。医療・教育などの分野で注目・活用されているそう。

まだまだ一般的な言葉として浸透していない部分もあるけど、QOLをキチンと定義して、QOL向上について真剣に向き合うことは、医療や介護の視点からもすごく重要だそう。

右肩上がりを追いかける生き方は私には向いてないと、もうよくよく分かってるけど、QOLについては深いとこまで追いかけてみたい。

アイキャッチは祐二(父)が牛小屋の近くで拾ったというウリボー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄県石垣島出身の早稲田大学生。地域づくり・教育について現場で学ぼうと、19歳のとき大学を休学して岐阜県白川村に移住。今は東京赤羽リハビリテーション病院に入院中(早稲田は退学したよ)。今後は未定。 踊ること、撮ること、書くことが好きです。