岐阜・白川で廃校舎を活用した子どもの遊び場「つつみや」をやってたときに、よく子連れで遊びに来てくれて親しくなったお姉さんと、今日久しぶりに連絡をとったら、お返事にハッとしたので記録を。

日々、私の投稿を読んでくれて、近況に思いを馳せたり、時々心配もしたりしてくれていると。

「どんなに前向きでいたくても、たまーにやって来る後ろ向きな思考、よもぎちゃんもあるかな?
私は、強く生きようと決めた出来事(ブログ掲載にあたり私の判断で詳細は伏せたよ)があって、そこから前向きをすごく意識してるつもりだけど、今でもたまーにやって来るんだな、暗~い思考が😅 初めは、それはダメだと無理矢理追い払って前向き思考に切り替えてたけど、最近はそういう思考も受け入れることにしてるよ。ツライとか悲しいとか考えないのは、前向きなんじゃなくて、ただ横向いてるだけなんだ、と気づいたから。だから、へこむ時はへこむようにしてるよ。
よもぎちゃんも、もし、ツラくなっちゃう事があったら、とことんツラくなって良いと思う。いっぱい落ち込んでも、よもぎちゃんなら笑顔に戻ってこれるから。」と。

ありがてー😢

だいぶ泣かされた。

ほんとにそうだね。

マイナスな自分を否定するのは、目を逸らしてることなのかもしれないね。まるっと受け入れて、時にはちゃんとへこみながら、心大きくなりたいな。

そして、その奥さんとこういった対話ができるようになった(胸の内を話してくれるようになった)のも、今回の私の身におきた出来事があったおかげだなと、一連のことに心から感謝ができたよ🙏 本当にありがとうございました。

みんなが、これからも幸せであり続けますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。