気心知れてる信頼してるケアワーカーさんが、朝から私の苦手なケアワーカーさんのフォローにまわってて、内心「いつもお疲れ様だ。」って思ってたら、私の苦手な方がその場を離れたタイミングで、信頼してるケアワーカーさんが私の背中をポンって触れていってくれた。無言の中でも、ちゃんと互いの想いを交わし合えてる気がして、静かな世界でもコミュニケーションとれてる実感があって、嬉しかった。

あと、いつも違いがはっきり分からなくてよく間違っちゃう看護師さんが2人いて、「実際似てるの?」って本人に聞いたら「本人的にはお互いに似てないって主張してるけど、患者さんだけじゃなくスタッフにも間違われるくらい似てるらしいね(笑)」って🤔

難しや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものなのか学ぶべく、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。2020年に交通事故と入院生活を経て、帰島。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。実体験を伴わない、頭でっかちな言動をとらないように、という自戒も込めて。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが今の目標。)ヒトを含む動物が好き。食べるのが極端に遅いですが、食べることは大好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。