さっきリハビリ入ってくれてた理学療法士さんの名前が、読み仮名三文字の苗字なんだけど、母音が全て一緒な三文字の組み合わせの名前で、私はいつも上手く発音ができていないことに気づいた。(そうじゃなくても、今は言葉を覚えたてのあかちゃんみたいな不明瞭な発音になりがちだよ。)

あとは母音が一緒という理由だけじゃなく、舌を上あごにつけて発音する子音が苦手なのかもとも思ってる。(例えばタ行とかナ行とかラ行とか)

退院までにはちゃんと呼べるように頑張るね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄県石垣島出身。早稲田大学進学のため上京。地域づくり・教育について現場で学ぼうと、19歳のとき大学を休学して岐阜県白川村に移住。24歳の冬に単独の交通事故をおこして、岐阜・東京の病院での入院・リハビリを経て、地元 石垣島に帰島。25歳現在は島で身体機能・脳機能のリハビリを続けながら、復職を含めた社会復帰真っ只中。 対話・場づくり・福祉・コミュニティ形成などに興味があり、きっと縁もあります。白くまアイスと、抹茶と、お味噌汁が好き。踊ること、撮ること、書くことも好き。たぶん、記憶や感情を目に見える形として記録する手段が好きなんだと思います。