「パートナーの存在」よりも「家族を増やしたいという思い」を大事に感じるようになったことが自分の中で大きな意味をもった気がする。

事故の前後で内面的に変化したこと、沢山あるんだけど、未来の描き方として、「好きな人(恋愛的な意で)と一緒に、暮らしの喜びを共有したい」よりも「家族や安心できる存在を 増やしたい」の方が、比重が大きくなってきたなと思う。

心をさらけ出せる相手を増やして、社会全体に安心感を持てるようになりたい。

アイキャッチは、入院中 毎日飲んでる珈琲☺️意外と病院の珈琲も美味しいの。いつも気持ち落ち着かせてくれてありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものなのか学ぶべく、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。2020年に交通事故と入院生活を経て、帰島。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。実体験を伴わない、頭でっかちな言動をとらないように、という自戒も込めて。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが今の目標。)ヒトを含む動物が好き。食べるのが極端に遅いですが、食べることは大好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。