自分が激しく消耗してまで人に指摘しなくていい。自戒を込めて。

2020.6.29.

他人が猫撫で声使われてるだけで私は嫌なんだね。

2020.6.28.

本当に苦手なのを実感した朝。

ここまで苦手なの何でだろ?いつからかな。

いい気持ちする方のが少ないとは思うけど、こんなに激しく苦手感ある方、他にもいますか?

あと、猫撫で声にも2種類あるなと思って、「自己防衛のために発する猫撫で声」の人と、「相手への優しさとか愛を伝えるために発する猫撫で声」の人がいることに入院生活で初めて気づいた。

自己防衛のため、ってのは、多分過去になにか、素直な言葉を伝えたことで自分が傷ついたことがある人とか、何か自分に自信がなくて隠すために嘘ついた声をだしてる人、とかで、

相手への愛や優しさのため、ってのはその通り、純粋な気持ちで相手のことを想って言葉を発せられる人だと思う。

でも、「自己防衛のための猫撫で声」に振り回されていちいち消耗すんのも疲れるなと思って なにか改善策ないかどうか家族に聞いてみたら「イヤホンつけて、好きな曲がんがん聞いて、愛犬・愛猫の画像みて、私に話しかけるなオーラを全開にしたらいいかも」と分かった。早速実践してみるね。

他にも何かおすすめ法があれば教えてください🙇‍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄県石垣島出身。早稲田大学進学のため上京。地域づくり・教育について現場で学ぼうと、19歳のとき大学を休学して岐阜県白川村に移住。24歳の冬に単独の交通事故をおこして、岐阜・東京の病院での入院・リハビリを経て、25歳現在は地元の石垣島北部にある実家で療養中。 対話・福祉・コミュニティ形成などに興味があります。白くまアイスと、味噌汁と、踊ること、撮ること、書くことが好き。