赤羽リハビリテーション病院に入院してから、めっっっっちゃ心の支えであり心から尊敬してたM先生(前の記事とは違う方)が今月のプレゼン発表をもって担当から外れることに😢

M先生、先生に出会えたことは人生の宝だよ。出会えて本当に幸せだったよ。いつも真剣に向き合ってくれて、心のこもった本気の言葉をくれて、本当に本当にありがとうございました🙇‍

(多分 もし私が男性だったら、立場とか考えずに迷わずプロポーズとかしちゃってたんじゃないかと思う 笑)

元気になって幸せに生きてる姿見せれるように頑張るね。先生のこれからの更なるご活躍を祈ってます。

きっとまたいつか、会おうね。取材もきっといつかさせてね。

 

今日のアイキャッチは、白川でお世話になってたご夫婦の愛犬だよ。グレン君、いつか会おうね☺️

「人のために生きる。」作業療法士(OT)として日々奮闘中のMさん。

2020-07-23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものなのか学ぶべく、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。2020年に交通事故と入院生活を経て、帰島。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。実体験を伴わない、頭でっかちな言動をとらないように、という自戒も込めて。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが今の目標。)ヒトを含む動物が好き。食べるのが極端に遅いですが、食べることは大好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。