最近、なんだかめっちゃ聞いてる。

1コマリハビリ終わって次のリハビリが始まるまでの間、病院の廊下を往復して歩く練習してるんだけど、そのとき聞いてる曲も、最近これスタートが多い。

子どもの頃から、思うように前に進めないときとか、心が苦しいとき、悲しいとき、悔しいとき、大きな負の感情に飲み込まれそうなとき、radの曲聞くと、優しさにほっとしたり、進むべき道を思い出させてくれたり、力抜くことを肯定してもらえてきた気がする。

歌詞載せるね

愛にできることはまだあるかい

何も持たずに生まれ落ちた僕

永遠の隙間でのたうちまわってる

諦めた者と賢い者だけが

勝者の時代に

どこで息を吸う

 

支配者も神も

どこか他人顔

だけどほんとは分かってるはず

定めとはつまり

サイコロの出た目

はたまた神の

いつもの気まぐれ

 

勇気や希望や絆とかの魔法

使い道もなく

大人は目を背ける

 

それでもあの日の

君が今もまだ

僕の全正義のど真ん中にいる

世界が背中を向けてもまだ尚

立ち向かう君が今もここにいる

 

愛にできることはまだあるかい

僕にできることはまだまだあるかい

君がくれた勇気だから

君のために使いたいんだ

愛にできることはまだあるかい


 

いま私も人の愛や祈りに生かされていると、本当に思う。

生きてるって当たり前じゃなかったと、やっと本当の意味で思えた。

アイキャッチは島のヤギ。今日も平和な顔してんね☺️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものなのか学ぶべく、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。2020年に交通事故と入院生活を経て、帰島。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。実体験を伴わない、頭でっかちな言動をとらないように、という自戒も込めて。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが今の目標。)ヒトを含む動物が好き。食べるのが極端に遅いですが、食べることは大好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。