僕が生まれたこの島の空を

僕はどれくらい知ってるんだろう

輝く星も流れる雲も

名前を聞かれても分からない

でも誰より誰よりも知っている

悲しいときも嬉しいときも

何度も見上げていたこの空を

 

教科書に書いてあることだけじゃ分からない

大切なものがきっとここにあるはずさ

それが島人の宝

 

僕が生まれたこの島の海を

僕はどれくらい知ってるんだろう

汚れてく珊瑚も減っていく魚も

どうしたらいいのか分からない

でも誰より誰よりも知っている

砂にまみれて波に揺られて

少しずつ変わっていく この海を

 

テレビでは写せない

ラジオでも流せない

大切なものがきっと

ここにあるはずさ

それが島人の宝

 

僕が生まれたこの島の唄を

僕はどれくらい知ってるんだろう

とぅばらーまもデンサ節も言葉の意味さえ分からない

でも誰よりも知っている祝いの夜も祭りの朝も

どこからか聞こえてくるこの唄を

 

いつの日かこの島を離れていくその日まで

大切なものをもっと

深く知っていたい

それが島人ぬ宝

それが島人ぬ宝

それが島人ぬ宝


 

BEGINやっぱいいなぁ。

入院してから支えられっぱなしだ。

私も人を支える側になれるように頑張ろう💪

アイキャッチは島の愛猫ちよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものなのか学ぶべく、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。2020年に交通事故と入院生活を経て、帰島。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。実体験を伴わない、頭でっかちな言動をとらないように、という自戒も込めて。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが今の目標。)ヒトを含む動物が好き。食べるのが極端に遅いですが、食べることは大好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ミレービスケット。