新しい挑戦を恐れない人が好きだ。食わず嫌いせずに、まずは食べてみること。

昨日まで、色々な用事が重なってしばらく東京に行っていた。

プライベートでゆっくり関東で過ごしたのは久しぶりで、最近ご無沙汰していた「ふぁむれうた」(島の仲間と組んでいる琉球芸能ユニット)での舞台出演をしてきたり

出演後にメンバーのかつきとあやかと。お声かけくださった方々、ご一緒させて頂いた皆様、お世話になった皆様、ありがとうございました。私たちは子どもの頃から「沖縄」「舞台」というルーツを通して本当に多くのご縁を頂いていて、こういう場で繋がった1人1人との出会いが、ずーっと続く人生の宝になっていて。今回、沖縄関係の舞台に出るのが久しぶりだった分、改めてありがたさを感じた1日でした。

普段は海外にいる実父方の家族と久しぶりに会ってきたり

久しぶりに会う5個下のいとこがめっちゃ大きくなっていて、少年から青年になっていて、びっくりした。

父が生まれ育ったという場所で、海の幸をたくさんご馳走になった。

今準備している地元でのプロジェクトの、打ち合わせや取材をしてきたり

取材そのものも楽しかったけど、単純に高校時代の同級生と久しぶりにゆっくり話せたのが嬉しかった。

あとは3年前まで住んでいたお家に残しっぱなしだった荷物の、片付け・処分をしたり、こちらの役所でしか発行できない色々な書類を揃えたり、母方のおばあちゃんと久しぶりにのんびりデートをしたり。

米寿を過ぎても、いつでもカラフルでお洒落心を忘れない、新しい挑戦を全く怖がらないおばあちゃんの生き方を、私は心から尊敬している。

毎日1人でスタスタ出かけて、新しい飲食店や美容院が出来ると、必ずチェックしているそう。若い人だらけのお店でも気にせず、自分の好きだと思った場所にどんどん行く、そんなおばあちゃん、めっちゃ素敵やなと思う。

この日は最近お気に入りだというカフェに連れていってくれた。

手作りの小さなお店で、全てが可愛いらしかった。

「カタカナだらけのメニューでよく分からないのよ。でも食べてみなきゃ美味しいかどうかも分からないから、新しいものを食べるわ。」と、見たことのないメニューにも平気で挑戦するおばあちゃん。

ご飯を食べながら、家族のことや、女性の生き方のこと、昔と今の世の中の価値観の違いについてなど、色んな話をした。私の暮らしや活動への理解も深くて、許容力というか、学びを止めない姿勢、頭の柔らかさにまた驚いた。

「私も新しい時代を楽しみたいから、出来ることから頑張ってるのよ。」と、最近はpcもスマホもSNSも使いこなしているおばあちゃん。もう70年くらい遅く生まれていたなら、ソーシャルな分野で目立って活躍するような女性だったのではないかと思う。

「おじいちゃんは厳しい人で、考えも古かったから、私は結婚生活中ずっと自分を押し殺して我慢して生きていたの。今は毎日笑ってばかりいるけど、当時はストレスでしょっちゅう吐いてたもの。

だから、毎日好きなことをして、好きなものを食べられて、家族に精神的な余裕をもって向き合える今が、とっても幸せなの。」

今の暮らしを思い切り楽しんで、周りに感謝して、人生を謳歌しているおばあちゃんを見ると、挑戦するのに年齢は関係ないなと感じるし、自分らしく生きている人は美しいなと思う。

生きてきた年月も、時代背景も、これだけ大きく違うのに、こうして対等に同じ言葉で対話ができるお年寄りというのは、なかなか出会えない存在だよね。

「もうね、同世代の友達を作るのはやめたのよ。みんなどんどん死んでっちゃうんだから。こちらが悲しい思いをするばかりの関係は嫌。だから最近は若いお友達ばかりで、みんなが新しいことを沢山教えてくれて、私は幸せよ。」と話すおばあちゃんを

本当にステキだなと思うし、こんなおばあちゃんになりたいなと心から思う。

新しいものを、いきなり拒絶するのではなく、理解する努力をしてみること。食わず嫌いせずに、まずはなんでも、食べてみること。歳を重ねても、忘れないようにしたい。

 


 

そんな感じで、久しぶりのプライベート東京は、楽しい時間でした。写真は撮り忘れたけど、他にも大学の先輩たちや、島の友達たち、わざわざ時間作って会いに来てくれた方々、ありがとう!

でもやっぱり、東京の人工物の多さ、満員電車の無表情な人の集団、夜の闇の無さ、空の狭さ、不自然な暑さは、私には息苦しい。

旅を終えて、家に帰って来て、静かな夜と、満点の星、涼しい川風、山の水の匂い、お家で淹れる珈琲に、ほっと一息。

旅もいいし、お家もいいね。

(また来月もしばらく東京行くから、今回会えなかった人、会いましょう〜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄県石垣島出身の早稲田大学生。地域づくり・教育について現場で学ぼうと、19歳のとき大学を休学して岐阜県白川村に移住。 石垣島と白川村を行ったりきたりしながら、人がよりよく生きるための学びの場づくりを模索・実践中。踊ること、対話することが好きです。