十六日祭。旧暦に合わせて日々を営む沖縄の暮らしが好き。

雪かきに追われて忘れてましたが、昨日は沖縄の十六日祭でした。(2月12日は、旧暦の1月16日)

本土にいると、旧暦で日々を過ごす感覚が薄くなるけど、人の体や四季の生活に合っているのは、旧暦のこよみな気がします。

沖縄の行事は全て旧暦で決まっていて、暮らしや自然になじんだ行事が1年の中に沢山あります。

十六日祭とは「グソー(あの世)の正月」の日。

親戚みんなが集まってお墓参りをし、豚の三枚肉やかまぼこ、豆腐などを詰めた重箱をお供えして、お墓を囲んでワイワイご飯を食べ、ウチカビを焼いてお祈りをして、祖先の供養をします。島で行われる大きな行事のひとつで、この日も多くのウチナンチュが里帰りします。

新暦の1月1日、旧暦の正月(今年の旧正月は1月28日)に続き、グソーの正月「十六日祭」。八重山には3つのお正月がある。今頃になって、沖縄の色んな行事や生活の特殊さを感じます。

白川村も石垣島も、残すべき精神や芸能や方言や人の生き様が沢山ある。

人間国宝みたいな人たちが生きているうちに、この言葉や生き様を、残したいなあ。

やりたいことが沢山ある。

どう進んでいこうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。