みんな遊びにきてね。(雪かき助けてください)

ふーーーっ

慣れないからでしょうが、色んな失敗をしています。

水道が凍って、洗濯機が回せないお風呂に入れない。

雪の重みで水道管が外れ、大洪水。夜中のパニック。

寒さでキーレスリモコンが壊れ、車が動かない。ワイパーが折れる。

冬は花瓶に水を入れないという常識を知らず、お気に入りの花瓶が割れてしまった。

屋根雪下ろしをしても、考えが及ばず、落とした雪で玄関を封鎖してしまい、2度手間になる。

白川で暮らしている人たちは当たり前に、このハードな日々を生きている。凄い。本当に凄い。

白川の人はみんな働き者で、気軽に人を助けてくれる。

土日の明るい時間に家の前の雪をかいていると、通り過ぎる人たちが車を停めて「大丈夫かー」と手伝いに降りて来てくれる。

オシャレしてて お出かけに行くところだろうに、何人の人が手伝いに寄ってくれたか分からない。

それぞれ朝早くや夜遅くに時間を作って、自分の家の雪作業を当たり前にやってるのに、

不慣れな人たちのことをいつも気にかけてくれて、笑って弱音を聞いてくれる。

凄い村民性だなあと思う。

沖縄県民がいかに気楽にてーげーに生活しているのか、初めて分かった。

…と、ここまでなんだか大変な面ばかり書いてしまったけど、もちろん辛いことばかりではなくて。

毎日、スノードームの中に住んでるような、美しさがあるんです。

夜になると足元の雪が反射してキラキラして、満天の星が頭の上にあって。空気が澄み切って、それはそれは綺麗な世界が現れるんです。

寒いけど、家の前でずっと立っていたくなるような気分になって。夜な夜な彼氏や友人と電話しながら、玄関から見える外の雪景色に、見惚れています。

まだまだ冬は続きますが、大自然の中で生かされていることを楽しみつつ、たくましく生きようと思います。

家から5分のスキー場も、沢山滑りなさいってことやね🏂

心配して色々送ってくれる友人たちや、沖縄の家族に元気をもらいながら、夜の雪かきも頑張ります。

さて、ポスト、掘らなきゃな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。