大学進学のため上京しました。島で過ごした18年、出会ってくれた全ての人へ、しかいとぅからみいふぁいゆー!

2日前東京に着きました(^^)

島を離れる日、のんびり空港に到着したら、びっっくりするくらい沢山の友人たちが待っていてくれました。

大好きな同級生、先輩方、後輩たち、お世話になった沢山の大人の方々。ひとりひとりとハグしてお別れをしました。

こんなに大勢の方に見送ってもらえるなんて、なんて幸せなことだろうと、本当に感じました。忙しい中、わざわざ空港まで足を運んでくれた方々、温かい応援の言葉をかけてくれた方々、本当に本当に、ありがとうございました。

あかりとかんな。私が最後までアカハチ続けられたのは、二人のおかげだよ。卒業公演、絶対に観に帰ってくるからね。頑張れ!

卒業してから今日まで本当に早かった。就職休みから、寝る間を惜しんでたくさんの友達と時間を過ごしました。

毎日のようにお泊まり会して、踊りの教室でもアカハチでも、先輩や後輩との集まりでも、何度もお別れ会をしてもらって、たくさんの餞別まで頂いて、本当に幸せな1ヶ月でした。

3年間ずーっと忙しい日々だったので、島を離れる前にこんな学生らしい楽しい時間を持てたことが、嬉しかったです。

高校の卒業パーティー。サプライズダンスも無事に成功しました。最後にみんなで踊れて幸せでした。

3-2のお別れお泊まり会。竹富旅行。タイムカプセルは成人式に開けるよ。

アカハチのお別れ会や、最後のイベント出演。愛しい後輩たち1人1人からのメッセージ、大切に胸に留めて、東京でも頑張ります。

御菓子御殿バイト最終日。家族、友達たちとの日々。踊りの研究所の仲間が開いてくださったお別れ会。みんながくれた沢山の手紙。別荘お泊まり会。

大好きな2こ上の先輩たちの成人式

石垣を出発してからは、ひかると一緒に沖縄で阿麻和利のグスク公演を観て、本島の舞台メンバーや先輩たちにも久しぶりにたくさん会ってきました。

沖縄滞在中お世話になった方々、ありがとうございました。

落ち着いてから読もうと思ってたみんなからもらった沢山の手紙も、昨日新しいお家で読みました。

みんなの優しい気持ちに、なんだか涙が止まらず、島を出たことを実感しながら、しみじみ家族や友人たちとの18年を振り返る時間を過ごしました。みんな本当に、たくさんの愛をありがとう。

友達、先輩、後輩、お母さん、ゆうじ、臣、地域の方々・先生・親戚・職場の人・踊りやアカハチの父母の方々、たくさんの人に応援してもらい支えてもらっていたことに、心から感謝します。

高校3年間、苦しいとき悔しいときに、友人たちの温かい言葉のおかげで頑張り抜くことができたことが 何度もありました。

特に高3の1年間は、八重高でもアカハチでも、プレッシャーや自分の弱さに本気で向き合いつつ、今までやってきたことが報われたな〜と思えるような、とても幸せな1年でした。周りの人の優しさやありがたさを改めて感じた時間でした。

お世話になった人みんなに、島を出る前にきちんとお礼を言えなかったのが心残りです(泣)ごめんなさい。

大好きな島とも、大好きな人たちとも、しばらく離れることになるのはとても寂しいけれど、また会える日まで、それぞれの場所で頑張ろう!と自分を奮い立たせながら。

今までの自分に恥じない自分でいられるように、新しい場所で精一杯やっていきます(^^)

みなさん東京にくるときは連絡してね!

島で過ごした大切な18年間、島で出会ったたくさんの大好きなみんなへ、しかいとぅからみいふぁいゆー(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1995年、沖縄県石垣島に生まれる。大学進学を機に上京後、地域づくりとはどういうものか現場体験を伴いながら学びたいと思い、19歳で休学して岐阜県白川村に移住。 24歳のときに交通事故を経験し、頭を打ったことで高次脳機能障害という脳の障害(短期記憶力をはじめ、注意力・認識力・判断力・適応力など、成長とともに自然と獲得してきた色んな脳機能が、突然普通じゃなくなるやつ。脳が疲れやすいのですぐ眠くなっちゃう。)と、 手足に軽度の麻痺(感覚麻痺少し、運動麻痺は初対面の人になんかどったどった歩く人だなとか不器用だなと思われるくらい)、筋力・体力・精神的キャパの著しい低下状態が現存。 岐阜・東京での入院生活を経て、現在はUターンした石垣島で復職を含めた社会復帰中。 場づくりやコミュニティ形成について、実践を通してじっくり学んでいくのが楽しいです。 踊ること、撮ること、書くことが好き。(それぞれ、少しずつでも楽しく再開していくのが、今の目標。)ヒトを含む動物が好き。珈琲のおともで最近のヒットは、ISHIGAKI LABOのクイニーアマン。